Embodiment of Scarlet Devil/Translation/Other

From Touhou Wiki
< Embodiment of Scarlet Devil‎ | Translation
Revision as of 02:58, 2 July 2018 by SupremeExplosion (talk | contribs) (おまけ.txt: Finished adding the ENG translation to the omake.txt)
Jump to navigation Jump to search

readme.txt[edit]

 東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.

                  (c)opyright ZUN.

 readme 私を読んで       上海アリス幻楽団長 ZUN

                            ver 1.02h
 
■0.目次  
 ■1.はじめに挨拶ありて  
 ■2.インストール方法  
 ■3.予めご理解頂きたい事  
 ■4.困ったことがあったら  
 ■5.困ったことが無かったら  
 ■6.履歴  
■1.はじめに挨拶ありて  
  この度は、「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」
 をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。
 
  当ゲームは、猛烈に弾幕好きな開発者が、比較的以上弾幕好きなプレイヤーの為に作成いたしました。弾幕ラヴな方はもちろん、シューティングって何が面白いの? って疑問に思っている方も、ぜひプレイしてみてください。  
 詳しいゲームシステムに付いては、マニュアルをお読みください。マニュアルは、インストール後のディレクトリの「マニュアル\index.html」もしくは、CDの「kouma\マニュアル\index.html」 をお使いのブラウザにて開きお読みください。  
 それでは、日本がなくなる前に是非プレイして頂きたいです。  
■2.インストール方法  
 1.CDのルートに install.exe がありますので、そいつを実行(ダブルクリック)してください  
 2.通常インストールかBGMなしインストールか選択してください。

   ○通常インストール    ・・・ すべての機能選択出来ます。

   ○BGMなしインストール ・・・ BGMのWAVを使用できなくなります。
 
 3.インストール先を選択してください。無いディレクトリの場合は、自動的に作成されます。  
 4.OKを押してしばらくお待ちください。  
■3.予めご理解頂きたい事  
 当ゲームに限らず、Windows 用ゲームは様々な環境で動かされることになります。その為、正常に動作しない、起動しない、等の問題が起こる事が多々あります。  
動作環境  
◎対応 OS  
  Windows 98/SE/ME/2000/XP
  DirectX8.0以上がインストールされている
 
◎対応ビデオカード

 ・NVIDIA GeForce 以降
 ・Matrox Millennium G400 以降
 ・RIVA TNT2

 ・RADEON
 
 これらは問題なさそうです。特に私が

  NVIDIA GeForce2 Mx400(64M) で開発しているので

  NVIDIA GeForce2 以降のものは理想の画面で表示されていると思います。
 
 GeForce256 では、最初起動しなくて、ビデオカードのドライバ更新したことで起動したという例もあります。  
◎環境をカスタムすることで正常に動く(かもしれない)ビデオカード(殆どが、ドライバの所為なので、サポート対象外とさせていただきますことをご了承くださいm(__)m)

 ・ATI RAGE Mobility
 ・S3 Savage IX

 ・ノートパソコン全般
 
 動作しなかった場合、まずは次のことを試してください。  
  1.ビデオカードのドライバを更新する。ビデオカードメーカーのホームページより最新のドライバをDLしてください。これで動いたという報告が多く寄せられています。特に、買ったばっかのハードに付属のドライバは、賞味期限が切れて腐ってるものが多く、そのままでは動かないことも多々あるようです。  
  2.DirectX 8.0 以上がインストールされているか確認してください。起動時にDirectInput がどうこう、ってメッセージが出たりする場合、それはバージョンが古いので、Windows Update もしくは、なんかの雑誌の付録CDなどから、インストールしてください。  
  3.同フォルダ内にある custom.exe を使用してこのゲームの環境を設定してください。こちらは、色がおかしい、表示されない、キャラが四角になる等の不具合が修正されます。特に、Savage系や、ノートパソコンなどではこの設定変更は必須の場合が多いです。詳しくは custom.txt をお読みください。  
  4.BGMを変更してみてくださいソフトシンセが悪さをしてるという報告も多く寄せられています。この場合、オプションでBGMを Midi 以外に設定して試してみて下さい。  
  5.ビデオカードの買い替えを検討してください :-P
    ビデオカードが Direct3D に対応しているかを調べてください。
 
 なお、最善を尽くしますが、余りにも多様な環境が存在する上に、個人サークルのため、商業クラスのサポートを期待しないで下さい。動作保証外のハードに関してはサポート外とさせて頂きます。(サポート外でも設定次第で動くものも多いで、色々各人の責任において試してみてください(^^;)  
■4.困ったことがあったら  
 まず、マニュアルのFAQをお読みください。マニュアルは、インストール後のディレクトリの「マニュアル\index.html」もしくは、CDの「kouma\マニュアル\index.html」 をお使いのブラウザにて開きお読みください。  
 FAQで解決しない場合、お手数ですが下記の e-mail にて連絡して頂くか、ジャケットに記入の住所に連絡してください。なお、初期ディスク不良の交換などは致しますが、不具合による返金、特にハードの相性やサポート外のハードだった、等による返金は一切お断りしますので、ご了承ください。  
  また、このゲームのバグや不具合などに関しては、ホームページ上でアップデートパッチ等で対応させていただきます。  
  ホームページはこちら

       http://www16.big.or.jp/~zun/

   e-mail zun@big.or.jp
 
■5.困ったことが無かったら  
 お楽しみ下さい。  
■6.履歴  
 02/11/30 ver 1.02h
  ・アップデートファイルが壊れていたので修正
 
 02/11/30 ver 1.02g

  ・「入力にDirectInputを使用しない」をつけた。
  ・エキストラステージにて、初期設定を弄っていると、正常にスコアがカウントされない不具合を修正した
  ・ボムの初期数を減らしているとリプレイがおかしくなる不具合を修正した。
  ・リプレイの数が2ページに渡っていると、ステージ情報が表示されない不具合を修正した

  ・オーディオバッファのサイズを変更しました
 
 02/08/30 ver 1.02f

  ・「強制的に60フレームにする」をチェックした場合、リフレッシュレートの変更を試みるようにした

  ・誤植とか修正
 
 02/08/25 ver 1.02e

  ・エキストラ中ボスのバグを修正した

  ・誤植とか修正
 
 02/08/25 ver 1.02d

  ・ラストの攻撃で謎のヒットにやられるバグを修正した

  ・エキストラステージの達成率のバグを修正した
 
 02/08/22 ver 1.02c
  ・パッドの不具合っぽい物を修正してみました
 
 02/08/21 ver 1.02b
  ・アップデータにバグがあったようなので修正
 
 02/08/20 ver 1.02a
  ・デモでバグがあったので修正
 
 02/08/20 ver 1.02

  ・パッドの遊びを custom.exe で変更できるようにした
  ・複数パッドが刺さっている場合の不具合を修正した
  ・キーコンフィグで、パッドのボタンに Skip を割り当てられるようにした
  ・5面ボス会話の不具合を修正した
  ・エキストラ中ボスの不具合を修正した
  ・

  ・細かい不具合を修正した
 
 02/08/14 ver 1.01

  ・4面中盤などで、条件により異常終了する不具合を修正した。
  ・パッドの入力が異常な物があったので修正した
  ・ラスボス、エキストラボスが倒れると同時にボムを使用すると
   しばらくボスが残るのを修正した。

  ・BGMが初回でループしてしまう不具合が軽減されていればいいなぁ
 
 02/08/11 ver 1.00 夏コミ発表版  

おまけ.txt[edit]

○東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.



 あとがき 上海アリス通信 vol.1




                 上海アリス幻樂団長 ZUN

                        2002/08/11
○Eastern Scarlet Devil Land ~ The Embodiment of Scarlet Devil



Afterword Shanghai Alice Correspondence vol. 1


                 Team Shanghai Alice Leader ZUN

                         2002/08/11
 ネタばれもありますのでクリアしてない方は、読んでも読まなくても。 Spoilers are present, so for people who haven't cleared the game, read at your own discretion.
  というか、おまけ文章です。シューティングゲームのネタばれもへったくれも無いですけどね。 But it's just extra writing. Shooting games don't really have that many spoilers in the first place.
■0.おまけのあとがきのもくじ 0. Omake Afterword Table of Contents
 ■1.おまけのあとがき 1. Omake Afterword
 ■2.エキストラストーリー 2. Extra Story
 ■3.キャラクタについて裏一言 3. Character Snippets
 ■4.裏音楽コメント 4. Music Comments
 ■5.攻略とヒント 5. Capturing and Hints
■1.おまけのあとがき 1. Omake Afterword
  初めましてZUNです。初めてじゃない人には初めませんZUNです。今回C62夏コミで初参加となります。今度ともよろしくお願いします。言ってみれば、この作品が処女作品ってことになるのかな? Nice to meet you, this is ZUN. For those who have already met me, then this isn't the first time we've met. This C62 Summer Comiket is my first time as a participant. I hope you enjoy the games I make from now on. In some sense, I suppose this would be considered my maiden game?
  東方紅魔郷は、弾幕萌えな作者が弾幕萌えな方の為に創ったゲームです。 Embodiment of Scarlet Devil is a game made by a danmaku moe artist for those who are danmaku moe.
  昨今の市販及び同人のシューティングの出来は、あくまで静かにですが、一昔前では考えられない位進化したと思います。 These days, the independent and commercial shmups have been slowly, but silently, evolving at a rate that was unthinkable only a few years ago.
  しかし、弾幕STGに限って言うと、私にとってはどうしても納得のいかない方向に進んでいる様に思えます。その大きな要因は、難易度のインフレ、弾が多いだけのもの、派手で綺麗だけど見辛いエフェクト、弾避けを考慮に入れない斬新なシステム、あたりだと思っています。
  ゲームとして面白い場合も多く、それはそれでいいのですが、場合によっては「弾避けは面白くない、弾があるのはSTGとしての当たり前」、って感覚が何処かにある様に見えるのです。そう見えるのは弾避けの面白さを追求しないなら、何故、敵弾を排除してからSTGを考え直さないのだろう?と思うからです。
However, to narrow the scope to only danmaku shmups, I'm feeling a bit dissatisfied with the direction that it's currently headed. The main issues are the rapid inflation of difficulty, games that have only a lot of bullets, effects that are fancy and beautiful, but are not easy on the eyes; and games with new systems that don't require dodging bullets. That is my opinion.
Many of them are usually fun to play as games, but even though that might be fine as it is, in some instances it might give the impression that "Dodging bullets is not fun; of course there are going to be a lot of bullets in an shmup." If they don't try to find dodging bullets fun, why don't they try to reconsider why they would play a shmup if the enemies' shots were gone?
  そんなこんなで、紅魔郷で原点に帰り、難易度を抑えて奇抜なシステムも避けて、本来の弾避けの面白さを追求してみました。弾幕黎明期の頃の弾幕のような本来の存在意義を、21世紀になってもずっと昇華させていたらこうなるだろう、という気で創っています。
  21世紀の20世紀延長型、と謳ってるのはそういうことです。勘違いしないで頂きたいのは、90年代後半のゲームにノスタルジーを感じて「やっぱ、STGはあの頃が一番だったなぁ」とか言ってあの頃のゲームを創ったわけではありません(^^;そんなこと言うくらいなら、私なら基盤買います。わざわざ創りません「やっぱ、STGに限らず新しい物の方が面白いと感じていたい」
(This line wasn't translated).
That's the reason why I'm calling this a Late 20th century style, 21st century shmup. One thing that I would like to clarify that I did not feel some nostalgia to the games of the late 90's and say: "Yup, shmups back in those days were the best." And decide to make a new game. (^^; If I were to say something like that, I wouldn't be making a new game, I'd be buying them. "Yup, not just with shmups, but with everything, I want to find the joy in trying new things."
  難易度は抑えてあるけど、弾の数はいっそう多くなっています(汗)「多けりゃいいってもんじゃないだろー」ってツッコミながらプレイして貰えれば幸いです(w The difficulty is downscaled a bit, but there's a greater number of bullets than usual. (sweat) "It's not simply OK to have a ton of them!" would be a phrase that I would like to hear from those who play it. (lol)
  STGは斬新なシステムがなきゃーとか、超派手な画面がなきゃーとか、爽快感がーとか、萌えキャラがーとか、ボイスがーとか(そんな人居るのか(^^;?)思っている方は、市販のゲームか他の方のSTGの方が大変よく出来ているので、このゲームに合わないかと思います(ぉぃ) To those who think STGs need to have a unique system, fancy graphics, a sense of exhilaration, moe characters, or voices (Are there even those kinds of people(^^;?), there are commercial or other shmups that are better-made and this game would probably not be suited for you. (Hey)
  もちろん、遊んでいただける方は、なんにも理屈なんか気にしないで楽しんでくださいね(^^;
 こういうこと考える必要があるのは創る(特に売る製品)側だけです。
Obviously, to those who decided to play, there's no need for reasons to enjoy the game. (^^; These things should only be considered to those who make (and especially to those who sell) the actual games.
  なお、キャラがちまちましている、とか背景が単調とか、雑魚の種類が乏しいとか、は何のこだわりもあるわけではなく、ただ単に人手が足りないだけです。申し訳ございません(汗)次回以降、回を重ねることに少しずつ改善されて欲しいものです(他人事の様に(^^;) Still, to those who feel like the characters are too small, the backgrounds are too monotonous, or a lack of variation in the small fry, this is not due to any particular insistence, but due to a simple lack of manpower. Please forgive me (sweat). Starting next time, I hope I am able to improve little by little as I become accustomed to it. (As if it's anyone else's business (^^;)
―― 愛があるから大丈夫 ―― Made With Love So it's All Right
  ちなみに今回の音楽はどうでしたか?いつものより3倍くらい明るい曲にしたつもりです、最近のゲームミュージックには無い、一部ジャズフュージョンを取り入れたものになっています。自分が思うこのゲームの曲はこうだ!、という事と、少しでもゲームの雰囲気のありがちな曲を避けたい、という事もあり、こんなに癖のある曲に仕上がりました。 By the way, how do you like the music? I intended to make it about three times as bright as usual, and since I haven't seen it in game music recently, I added some jazz fusion to it. I wanted to make it unusual and give it qualities of "This is what I think about when I think of game music!" yet I wanted to avoid the atmosphere that is so prevalent in game music a little bit.
  って、実はこんな曲しか創れないとも言う(もう作曲歴も長いのに...)というか、一言で言ってしまえば曲調が古いのでは?ノスタルジックと古いと言うのは違うんだろうなぁ(^^; ...But it's more like I didn't make anything BUT those kinds of songs. (Even with as long as I've been composing...) If I were to sum up the melodies in a single word, I guess I'd say "old"? I don't think "nostalgic" quite has the same meaning, anyway. (^^;
  今回は、私的にラスボス、エキストラボスのテーマが対象的な曲に仕上がって、両方気に入っています。 This time, I personally think that the last boss and extra boss theme's were created to be representative of the game, and I quite like them both.
  このゲームとは関係ないですが、音楽CDも同時に販売しています。

  こちらも、曲はこういう曲ばっかですので、今回少しでも興味をもたれた方は、是非聴いていただきたいです。ただ、全体的にハイテンポに重いので、人生を投げ出して首を吊っても良い、って方に最適です。

  ジャンルフリーなCDだと思っているので、音楽ジャンル主義(こだわり派)な方には向かないです。きっと。
his has nothing to do with the game, but I also released a music CD at the same time as this game. It's filled like songs like the ones in this game, so if you even like this game's music a little bit, please give the music CD a listen. However, it's almost entirely high-tempo songs, so you might find yourself considering that the best way to throw away your life is to hang yourself.
I consider it a genre-free CD, so it isn't suited for people who get hung up on categorizing all music into genres. Certainly.
 それにしても、弦楽器弾けるようになろうかなぁ二胡とか(いきなりかい) n any case, it makes me want to play a stringed instrument. Like an erhu. (That came out of nowhere!)
  ―― そ・れ・で・も いきますか? Yes ->No<- ―― Ev-en-so, are you going? Yes ->No<-
  大往生以来、STGが出ていませんね。大往生は2周目いったところで、すでにあきらめてしまいました(^^;(A-麗娘 使用)プロギアですら2-5でつまって1コインクリア出来なかったので、大往生2周は無理と踏みました(体力の限界) There haven't been any shmups released since Dodonpachi Daiohjou, yeah? I've gotten to the second loop, but I've already given up on that. (^^; (I use A-type Leinyan.) I can't even 1cc Progear after 2-5 tries, so beating Daiohjou's second loop is going to be impossible by my estimate (Due to physical limitations).
  で、弾幕シュー、久々に作ってみて、やっぱりいいですね~。 But making a danmaku shmup after so long was just as fun as ever.
  実は、怪綺談を出したときに、「弾幕系ももうそろそろ限界かな。」と思っていたのですが、ちょっと勘違いしていたようです。ゲームに限らず創作には大きく分けて2種類あります。それは、一般に広く受けるための創作と、ごく一部の人が深く楽しむ為の創作です。商用(これで飯を食べていくには)は前者で無ければいけません。もちろん弾幕は後者で、深く楽しめるユーザーを選定する、格好の素材だったようです。 Actually, when I released Mystic Square I thought "Danmaku shmups have already just about reached their peak." I suppose I was somewhat mistaken. Among the countless number of games, there are two large divisions. One group is games made to be widely accepted, and the other is made for a small fraction to greatly enjoy. For business (so they can put food on the table), the former is absolutely necessary. Of course, danmaku shmups fall into the latter. Enthusiasts choose them for the sake of the genre alone.
  ほとんどの方から見れば、世にSTGがあまり出ていないことでSTGは廃れたと思ってしまうと思います。おそらくこれからもSTGの数が増えたりはしないでしょう。もしかしたら自分や周りの人、雑誌やネット上などで、STGは面白くないと言ってる(もしくは、自分が思っている)から、廃れたと思っている方も多いかも知れません。 I think that almost everyone considers shmups to be an outdated genre based on the fact that they are rarely released anymore, and it's likely that not too many more shmups will be. If you or the people around you say that they're not fun in magazines or on the internet (or in your own thoughts), then it may very well be that many more people who also think shmups are outdated.
  実は廃れているのです。ただし、アーティスティクの本質というものは、廃れたもののことでもあると思っています。大衆文化だった歌舞伎が、現在では芸術になるかのように、一時のワインブームが去ることで、本当のワイン通が楽しめるようになるかのように、MVS横シューのブレスタが職人芸扱いされるかの様に...
  ゲームユーザーの間からSTGというものが廃れ消え去った時、弾幕は本当の弾幕通の間だけで、本物の弾幕というものを深く追求出来る良い時代になるのかも知れませんね。
he fact is that they are old-fashioned. However, I think that its old-fashioned quality is part of its artistic essence. While kabuki was once pop culture, it is now considered fine arts in the present world. During the brief wine boom, some people may have become true wine connoisseurs. And like how the techniques used in Blazing Star showed up later in other horizontal shmups...
When people who just think that shmups are outdated no longer exist among those who play games, when there are only true danmaku connoisseurs, I think that might be the best era for those who are truly seeking to make genuine danmaku.
 STGは、もっとも早くから存在したゲームの一つです。そのため、ちょっとばかり業が深いのかもしれません(笑) Shmups only wanted to be a single game since its inception. For that reason, it might just be a little bad karma. (lol)
  閑話休題... Getting back to the main topic...
  ―― 私、初心者なので、すみません ―― As a beginner, I apologize
  話変わって、今回、初めて規模の大きいWindowsのアプリを作りました。ほとんどWindows のプログラムをしたことが無かったので、かなり拙い内容になってるかも知れませんm(__)m。ただ実際は、 API や DirectX など環境があまりにも恵まれすぎているので、低レベルなこと(ハード周り)は殆ど触らず、うわべだけのプログラムで創れてしまいました。 Changing the subject, this was the first time I've made a Windows program of such a large scale. I've hardly done any programming in Windows, so the code might be rather clumsy. m(_ _)m However, in truth, working in an environment with things like API and Direct X is so much of a blessing. I barely had to touch anything low-level (like with the hardware), and I made a program that runs on the surface.
  今回は一からのライブラリ、及びツール構築があったため、色々時間が足りなかったのですが、とりあえずこれで大分開発環境が整ったので、次回作からもっとクオリティUP(特に演出面)を図っていけるかな、と思っています。 Since this time I had to construct libraries and tools from scratch, I ran out of time for making a lot of things, but for now just about every part of the development environment is in order. That means that for the next game I plan on improving the quality (especially on the production side).
  今回、アーカイブに関しては Amusement Makers のぽんち氏に頂きました。そのおかげで、多くの時間をゲーム本質部分への作りこみに割けた事を感謝します。 I received an archive from Mr. Punch from Amusement Makers. Thanks to him, I was able to save a lot of time into putting together the essential parts of the game, so I am grateful for that.
  今後は圧縮Wavファイルの部分ループを付けなければ、とかも思います。特に今回Midiも Wavもファイルも部分無限ループに対応させたのですが、Midi 再生ルーチンに関してはバグも多かった様で、ご迷惑おかけいたしましたm(__)m I think that from now on I have to make the compressed WAV files loop. In dealing with making the WAV and the MIDI files loop indefinitely, I found that the MIDI playback routine in particular had a lot of bugs. Sorry for the inconvenience. m(_ _)m
  ―― 次回は ―― As for the next time
  どうしましょうかね。実は東方Projectは向こう2作、仕様が出来ています。でも、個人的にはまったくの新作も作って見たいところ。新シリーズも構想だけ出来ています(東方と何にも変わらないけど(汗))まぁ、とりあえずは、もう少し東方Project作ってみましょうか(^^; What should I do? Actually, I do have the resources I need to make the second Touhou Project game in the future. However, I would personally like to see if I could make a completely different game. I have made a plan for a new series (although it's no different from Touhou (sweats) ). Well, for now I'll see if I can't make more Touhou Project games for a little while longer. (^^;
  多分STGであることには違いないかと思います。でも、夏->冬は短いからきついなぁ、いやマジで。
  というより、仕事が忙しくて創ってられないね(汗)
I think I'm certain it will probably be a shmup, but there is such a short amount of time between the summer and winter Comikets, so it'll be tough. No, I'm serious.
And to make things worse, I won't be able to continue making it due to being busy at work. (sweat)
 なにはともあれ、宜しかったらこれからもよろしくお願いしますm(__)m In any case, please continue your support if you like my games. m(_ _)m
■2.エキストラストーリー 2. Extra Story
  エキストラステージのバックストーリーです。 The backstory of Extra Stage.
   東方紅魔狂 ~ Sister of Scarlet. Touhou Koumakyou (Scarlet Devil Insanity) ~ Sister of Scarlet.
  幻想郷は今日も快晴だった。

  幻想郷は平和のはずだった。

  黒い少女は、なぜか胸騒ぎがしたので今日も神社に来ていた。
Good weather graces Gensokyo today. Peace was supposed to grace Gensokyo today. The young girl clad in black felt uneasy today for some reason, and therefore headed to the shrine.
   魔理沙 「暑いぜ暑いぜ、暑くて死ぬぜ」 Marisa: It's so hot, I'm gonna die here.
   霊夢 「死んだら、私が鳥葬にしてあげるわ」 Reimu: If you die, I'll feed your corpse to the birds.
  レミリア「あら、私に任してくれればいいのに」 Remilia: My, it'd be fine if you'd let me take care of that.
   魔理沙 「あんたに任すのは、絶対にいや」 Marisa: That's a definite no.
  神社には何故か、しかしいつも通り、紅い悪魔がいた。 For some reason the scarlet devil was there, yet it was the usual.
   魔理沙 「あんた、そんなに家空けて大丈夫なのか?」 Marisa: Is it alright to leave your house so much?
  レミリア「咲夜に任せてるから大丈夫よ。」 Remilia: I leave it to Sakuya, so it's fine.
   霊夢 「きっと大丈夫じゃないから、すぐに帰れ。」 Reimu: Chances are it's not fine, so go home now.
  そのときである、3人を脅かす雷鳴がなったのだった。 At that moment, a frightening clap of thunder shocked the three.
   霊夢 「夕立ね」 Reimu: A shower, huh.
   魔理沙 「この時機に、珍しいな」 Marisa: Unusual at this time.
  レミリア「私、雨の中、歩けないんだよねぇ」 Remilia: But I can't walk in the rain.
  しばらくたっても、雨は降ってこない、外の様子を見ると明らかに不自然な空になっていた。幻想郷の奥の一部だけ強烈な雨と雷が落ちていた。 After a few moments have passed, rain did not visit; it was clear enough that the sky was unnatural just by looking outside. Fierce rain and snow hailed only a single deep area of Gensokyo.
  レミリア「あれ、私んちの周りだけ雨が降ってるみたい」 Remilia: Oh? It seems the rain is only falling around me.
   霊夢 「ほんとだ、何か呪われた?」 Reimu: Looks that way, maybe you've been cursed?
   魔理沙 「もともと呪われてるぜ」 Marisa: She was cursed to begin with.
  レミリア「困ったわ、あれじゃ、帰れないわ。」 Remilia: This is troublesome, in this state I can't possibly return.
   霊夢 「あんたを帰さないようにしたんじゃない?」 Reimu: Or maybe they made it so you can't head home?
   魔理沙 「いよいよ追い出されたな」 Marisa: You've finally been kicked out.
  レミリア「あれは、私を帰さないようにしたというより...」 Remilia: Rather than making a situation where I can't head home, it's more like...
   魔理沙 「実は、中から出てこないようにした?」 Marisa: ...Making a situation where something can't get out?
   霊夢 「やっぱり追い出されたのよ。」 Reimu: You've been kicked out after all.
  レミリア「まぁ、どっちみち帰れないわ。食事どうしようかしら」
      (食事=人)
Remilia: Either way, I can't go back. What should I do about my meals?
   霊夢 「仕方ないなぁ、様子を見に行くわよ。」 Reimu: I might as well go check it out.
   魔理沙 「楽しそうだぜ。」 Marisa: Sounds like fun.
  そうして、二人は紅い悪魔に神社の留守番を任せて、レミリアの館に向かったのだった。 And so, the two left the scarlet devil to take care of the shrine while they headed towards Remilia's mansion.
  レミリア「ああ、そうか、あいつのこと忘れてたわ、きっと、外に出ようとしてパチュリーが止めた(雨を降らせた)のね。」 Remilia: Ah, that's it, I forgot about that. Patchouli is definitely trying to stop her from escaping (with rain).
  悪魔は右手をほほに添えて、首をかしげた。 The devil tilted her head and leaned her cheek against her right hand.
  レミリア「困るわー、私も、あいつも、雨は動けないわ...」 Remilia: This is troubling, neither I nor her can move in rain...
  雨は、一部の悪魔には歩くことすらかなわないのである。 Rain will not allow even a single part of devils to walk.
■3.キャラクタについて裏一言 3. Character Snippets
 それでは攻略も兼ねないで、キャラ裏設定です。 So without any advice, here are the character back stories.
 ○永遠の巫女 ○Eternal Shrine Maiden
  博麗 霊夢(はくれい・れいむ) Reimu Hakurei
  能力:空を飛ぶ程度の能力、霊気を操る程度の能力 Ability: Able to Fly, and to Manipulate Natural Spirits.
  主人公です。 The protagonist.
  時間的な流れでは前作から大して経ってなく、年齢も変化ありません。 Chronologically this title is not too far from the previous title, thus her age stays the same as before.
  意味も無く巫女さんです。というか東方は巫女さんSTGなんで巫女さんです。本末転倒気味。
  今回の衣装は巫女さんらしいゴテゴテ感もなく、非常にシンプルな上に巫女さんっぽくないです。本当に巫女さんなんでしょうか?
Unintentionally, she is a shrine maiden. Or rather, she is a shrine maiden only because the Touhou series has become the "Shrine Maiden Shooting Game" series. It feels like the cart has been placed before the horse to me.
This time, her outfit is not overly intricate like typical shrine maiden clothing, but has become quite simple and only remotely resembles that of a shrine maiden. Is she really a shrine maiden?
  まさに「そこの紅白」って感じです。 She's more like "You red & white girl!" in my opinion.
 ○奇妙な魔法使い ○The Strange Magician
  霧雨 魔理沙(きりさめ・まりさ) Marisa Kirisame
  能力:魔法を操る程度の能力 Ability: Manipulation of Magic
  こちらも主人公です。この二人は東方シリーズの主人公です。 This girl is also a protagonist. These two are the protagonists of the Touhou series.
  魔理沙は、性格がひねくれてますが、ほんとの所も性格悪いです。人間のはずですが人間から遠いところに存在しています。本当に人間なのか疑わしいところですが、実は人間です。 Marisa has a very contrarian, uncooperative personality, and she really is a pretty bad person. Although she's human, she remains distant from other humans. It's questionable as to whether she really is human, but she is.
  今回はエプロンのようなもの着けて、魔法使いだかなんだか分からなくなっていますね。 This time she's wearing something resembling an apron, so it's hard to tell if she's a magician or what.
 ○宵闇の妖怪  ○Youkai of the Dusk
  ルーミア Rumia
  能力:闇を操る程度の能力 Ability: Manipulation of Darkness
  1面ボスです。妖怪です。 Stage 1 boss. A youkai.
  ストーリー上重要な位置に居ません。何の為に生きてるのか不明です。

  実は髪の毛に巻いているリボンは御札で、リボンは取りたくてもルー

  ミア本人では触れることすら出来ないのです。
She is of no importance to the story, and isn't up to anything in particular in her life. The ribbon tied to her hair is actually a charm; she can't touch it even though there have been times when she wanted to take it off.
  実際、闇を操ってる場面を見れないですが、本当はルーミアの周りは   いつも夜になっています。 There is no evidence of her ability in the game, but in truth, places around her are always as dark as night.
  カードアタック 全3種 Total of 3 card attacks
 ○湖上の氷精  ○Ice Fairy of the Lake
  チルノ Cirno
  能力:冷気を操る程度の能力 Ability: Manipulation of Cold
  2面ボスです。雪ん娘です。 Stage 2 boss. A girl of snow.
  頭のほうはあまり良くありません。そもそも子供です。霊夢や魔理沙に取ってあの程度の妖怪は軽くあしらわれるのです。
  いたずら好きで、いつもは蛙を瞬間で凍らせては、水につけて生き返らして遊んでいます。3回に1回は失敗して蛙は無残にも砕け散ります。
Her intellect is not very developed. She's just a child. To Reimu and Marisa, she's nothing more than a plain idiot.
She likes playing tricks and often toys with frogs. She freezes them instantly, then watches them revive as they thaw in the water. She tends to fail one out of every 3 attempts, however, and the poor amphibian shatters to pieces.
  カードアタック 全4種 Total of 4 card attacks.
 ○華人小娘  ○Chinese Girl
  紅 美鈴(ホン・メイリン) Hong Meiling
  能力:気を使う程度の能力 Ability: Manipulation of Qi
  3面ボスです。中国人風の妖怪です。 Stage 3 boss. A Chinese-looking youkai.
  カラフルで民族っぽい衣装です。彼女は紅魔館の門番で、湖外からやってくる侵入者を積極的に排除しています。これといった特別なキャラではないのですが、ここで初めて、ストー   リーに関係あるものになっていきます。といってもお嬢様の存在を言うだけですが。 Her clothing is colorful and somewhat traditional. She is the gatekeeper of the Scarlet Devil Mansion, and prevents intruders from beyond the lake from reaching the mansion. She is by no means a special character, but she is the first character that has something to do with the main story. Even if that something happens to be merely mentioning the Mistress.
  カードアタック 全7種 Total of 7 card attacks.
 ○知識と日陰の少女  ○The Girl of Knowledge and Shadow
  パチュリー・ノーレッジ Patchouli Knowledge
  能力:火+水+木+金+土+日+月を操る程度の能力 Ability: Manipulation of Fire, Water, Wood, Earth, Metal, Sun, and Moon
  4面ボスです。お嬢様のお友達で大体100年は魔女をしています。1週間少女です。 The 4th stage boss. She is the friend of the young mistress and is a witch who has lived for 100 years. The "One-week Girl".
  もともと病弱で肉弾戦が苦手ですが、圧倒的多彩な魔法攻撃でそれをカバーしてます。パチュリーのリボンは御札ではなく、魔法力を高めるためのアクセサリです。 Her weak constitution makes her poor at physical combat, but she makes up for for that with her sheer variety of magical attacks. Patchouli's ribbon is not a holy charm, but rather an accessory that boosts magic power.
   本物の魔女なので、魔法力は恐ろしいものがあります。ただ、生まれつきの喘息のためスペルが唱えきれません。ビタミンAも足りてないようです。
   もしかしたら、窓の無い図書室が埃っぽいのかも知れません。いや普通に考えたら埃っぽいです。でも彼女は、本の近くにいるものこそが自分だと思っているため、本のそばから離れることが出来ません。100年くらい。
Since she's a genuine witch, her magical power is terrifying. However, because of the asthma she was born with, she often cannot recite the spells. She also seems to have a vitamin A deficiency.
  カードアタック 全21種 Total of 21 card attacks.
 ○紅魔館のメイド  ○Maid of the Scarlet Devil Mansion
  十六夜 咲夜(いざよい・さくや) Sakuya Izayoi
  能力:時間を操る程度の能力 Ability: Manipulation of Time
  5面ボスです。メイドで、10~20年程人間をやっています。 5th stage boss. Plays the role of a human maid about 10~20 years old.
  彼女はその能力により人間から煙たがられてしまいます。すでに普通の人間と仲良くやっていくのをあきらめています。これといった名誉欲や支配欲などはなく、飯さえ食えればそれでいいと思い、紅魔館でメイドをやっています。 That power of hers distances her from the human race. She has given up trying to relate to ordinary people. She does not care about honor or power; she thinks so long as it earns her dinner, being the Scarlet Devil Mansion's maid is fine.
  紅魔館では清掃係兼メイド長を担当していて、常に時間を止める能力を活かして仕事をしています。(時間止めて掃除をすると埃が舞わないとか) She is the chief of the Scarlet Devil Mansion's maids and cleaning staff, and always takes advantage of her ability to stop time when working. (If she cleans when time is stopped, it won't raise dust.)
  この家の主人がアレなので、実質、メイドというか子守り役というか、この家を仕切っています。 Due to the nature of the mistress of the house, it is arguable whether she serves the role of maid or babysitter, but in any case,she is in charge of most of the affairs of the household.
  カードアタック 全9種 Total of 9 card attacks.
 ○永遠に紅い幼き月 ○Eternally Young Scarlet Moon
  レミリア・スカーレット Remilia Scarlet
  能力:運命を操る程度の能力 Ability: Manipulation of Fate
  最終ボスです。500年程お嬢様をしています。 The final boss. She's been the mistress for about 500 years.
  ゲーム中は匂わせてるだけで何にも語ってないですが、ヴァンパイアです。霧を発生させて幻想郷を覆い隠したのも日光を遮断するためです。すでに500年以上生きているのに、性格はわがままな幼い少女そのものです。殆どの妖怪に慕われているけど、そのカリスマは彼女の人格ではなく、その種族に対する畏怖です。家族は妹が一人居ますが、それ以外はすべて謎です。 She doesn't clarify this herself during the game, but she is a vampire. She blanketed Gensokyo with a magic mist in order to prevent sunlight from reaching her. Although she has been alive for 500 years, her personality is that of a selfish child. She is respected by most youkai, but her charisma doesn't stem from her personality; rather, it comes from the fear that they have for her kind. She has one younger sister; nothing else is known about her family.
  彼女は少食で、多くの血を食べきれず残すため、吸われた人間も死なないで貧血になるだけが多いのです。そのため、いつも同族を増やすことに失敗してしまいます。その割に多くの血をこぼして、お洋服を真っ赤にしてしまうので、皆から「スカーレットデビル(紅い悪魔)」と呼ばれています。 She is a light eater. In other words, she can drink only a little blood at a time and must leave the rest behind, so the humans off of whom she feeds become a bit anemic, but usually stay alive. Due to that fact, she is never able to increase the number of her kind. She often spills more blood than she consumes. The spilt blood dyes her dress a deep scarlet, which is what gives rise to her title, the "Scarlet Devil".
  ツェペシュの末裔と名乗っていますが、本当にブラド=ツェペシュの血を引いているかは、誰も分かりません。というか引いてないです。 She swears that she is a descendant of Tepes, but nobody is certain whether she is truly related to the Vlad "Dracula" Tepes. Well, let it be known that she is not.
  カードアタック 全10種 Total of 10 card attacks.
 ○悪魔の妹 ○Sister of the Devil
  フランドール・スカーレット Flandre Scarlet
  能力:ありとあらゆるものを破壊する程度の能力 Ability: Destruction of Anything and Everything
  エキストラボスです。お嬢様の妹です。 The Extra Boss. Also the Mistress's younger sister.
  吸血鬼にして魔法少女で、495年程、悪魔の妹をしています。少々気がふれていて、通常は表に出してももらえません。出ようともしません。 She is a vampiric magical girl and has been the Scarlet Devil's younger sister for about 495 years. She's kind of nuts and isn't usually allowed out of the cellar, but she usually doesn't try to let herself out.
  レミリアをお姉様と慕うも、その歯止めの効かない破壊力は、遥かにお姉様を凌ぎます。普段はあまり怒ったりしないのですが、常におかしいので他人には良く分かりません。 She really respects her older sister Remilia, but her raw destructive power far exceeds that of her sister's. Although she is usually docile, her insanity makes it difficult for others to understand her.
  通常、吸血鬼は食事をするために、人間を殺さない程度にしか襲いませんが、フランドールは与えられたものしか食べたことが無いため、人間の襲い方を知りません。そのため手加減が出来なく、一滴の血の残さず吹き飛ばしてしまいます。 When vampires attack humans, they generally try to take their prey alive so that they can suck its blood afterward, but Flandre has always been fed with cooked dishes, so she doesn't know how to properly attack a human. Whenever she tries to attack a human, she can't control herself and blows them away without leaving a spot of blood.
  もしかしたら、いつも自分が食べているものが動いている人間と一致しないのかも知れません。毎日食べているものが、見た目ケーキになってたり、紅茶になっていたりしたのですから... Perhaps she can't tell that her daily meals are made from living humans Her meals look like such harmless foodstuffs as cake and tea, after all...
  カードアタック 全10種 Total of 10 card attacks.
■4.裏音楽コメント 4. Music Comments
 音は曲名を付けて初めて、曲と認識されます。名前が無いものは、偶然の音の調和に過ぎないのかもしれません。そんなわけで、曲名に関する自分コメント(補足)を。  
 ♪1.赤より紅い夢 ♪1. A Dream that is More Scarlet Than Red
  タイトル画面の曲です。通常なら「東方紅魔郷」とゲームのタイトルをつけるところですが、曲調しんみりしすぎてるので、やめました(^^;
  今回は「紅」がキーワードです。紅が色々盛り込まれています。
The song for the title screen. Normally, I would title it “Touhou Koumakyou” like the game, but since the melody sounded so lonely I didn’t. (^^; This time “red” is the keyword. There are lots of reds put in.
 ♪2.ほおずきみたいに紅い魂 ♪2. A Soul as Red as an Oni's Lantern
  宵闇に鬼灯(ほおずき)のように紅く丸く、ふらふら漂っている魂...
  よくあるただの鬼火です。ほおずきは季節ものですし、花言葉は「欺瞞」。季節ものつっても、夏コミだから夏。場合によっては冬以降のコミケで買う方も要るかもしれないのに...
A soul that’s as red and round as a hōzuki floating in the darkness of dawn. It’s just a common ball of fire. A hōzuki is a seasonal flower and its meaning is “trickery”. Even though I say seasonal it’s going to be sold at the summer comiket so the season is summer. There could be people buying it at the winter comiket too…
 ♪3.妖魔夜行 ♪3. Apparitions Stalk the Night
  ヨーマヤコーってかくとブータン人みたい。この辺はまだ、熾烈な闘いのイメージが少ないので、爽やかに。妖魔以外の魔は妖しくないの? “Yoh-Ma-Ya-Kou” it sort of sounds like somebody from Bhutan. Since the isn’t an image of dead heated fights yet, something that feels fresh. Is a devil that’s not a Youma not strange?
 ♪4.ルーネイトエルフ ♪4. Lunate Elf
  ここでいうエルフは耳の尖った例のアレ、じゃなくて、妖精そのものを指しています。意味はまるでありません。妖精以外の精は妖しくないの? The elf that’s referred to here is not the one with the pointy ears but the fairy. There’s no meaning to this. Is a fairy that’s not a Yousei not strange?
 ♪5.おてんば恋娘 ♪5. Lovestruck Tomboy
  頭の悪そうな曲を作りたかったので、まず曲名から頭を悪くしました。言葉の響きや文字の見た目がなんか頭悪いです。その割にピアノメロディは、ちょっとエキゾチック感も混ぜて、個人的に萌え萌えです。 I wanted to make a stupid sounding song so I started by making the tile sound stupid. The sound of the words and the look of the characters are a bit stupid. Despite that, I mixed in an exotic piano melody to it and a personal "moe-moe".
 ♪6.上海紅茶館 ~ Chinese Tea ♪6. Shanghai Teahouse ~ Chinese Tea
  中国っぽくしたかったのですが、結局あまり中国ではないですね(汗)最近、紅茶飲んでないなぁ。血の紅茶って業が深い。というか、レミリア達の飲んでいる紅茶はただの人間の血なんですが、お茶と言って良いの? I wanted Chinese sounding but it didn’t end up too Chinese. (Sweats) I haven’t drank black tea in a while. But black tea made of blood is very sinful. Well, the tea that Remilia and such are drinking is really just human blood. Can I really call that tea?
 ♪7.明治十七年の上海アリス ♪7. Shanghai Alice of Meiji 17
  この頃の上海はいかほどだったのでしょう?明治十七年は、清仏戦争の年です。外国租界を含め、これほど「魔都」の名前が似合う都市は無いですね。ちなみに「魔都」とは「魔界都市 - 新宿 -」の略ではありません。 I wonder how Shanghai was back then ? Meiji 17th year is the year of the Sino-French war. Even with other places in other countries, there’s no city that suits the name of such a “Mato”. And “Mato” is not a short form of “Makai City – Shinjuku”.
 ♪8.ヴワル魔法図書館 ♪8. Voile, the Magic Library
  魔導書などの専門の図書館があってもいいんじゃないかと。急にファンタジー。って、一応全体的にファンタジーのつもりですがヴワルというのは固有名詞なんで余り意味ありません。フランス語かなんかで、なんか意味があります(笑) I think it’s a legitimate idea to have libraries that specialized in grimoires. Its fantasy land all of a sudden. Well, I meant it to be fantasy from the start. Voile is just a proper noun and doesn’t have much of a meaning. Although it does have a meaning in French or something. (Laughs)
 ♪9.ラクトガール ~ 少女密室 ♪9. Locked Girl ~ The Girl's Secret Room
Locked Girl、鍵っ娘です。Keyとは特に関係はありません。日陰大好き、不健康少女。ちなみに密室、密室で殺人する意味ってあんまないですよね。私は密室自殺なら出来そうです。 Locked girl, a locked-away girl. It has nothing to do with Key. She’s a unhealthy girl who loves the shade. By the way, there isn’t much meaning to killing people in locked rooms is there. I could probably do suicide in a locked room.
 ♪10.メイドと血の懐中時計 ♪10. The Maid and the Pocket Watch of Blood
  なんか、分かりやすいタイトルです。分かりやすいことはいいことです。メイドや女中というより小間使いって言ったほうが好き。統計によると、大半の方がメイドと聞いただけで若い娘を思い浮かべてしまうそうですが(何の統計?)、役に立つメイドさんは3、40~ですよね。 It’s an easy title to understand. Easily understandable is a good thing. Rather than saying maids or Jochuu, I prefer saying Komazukai. Generally speaking, most people think of a young woman when they hear “a maid”. (What general is that?), but an actually useful maid would probably be around 30~40.
 ♪11.月時計 ~ ルナ・ダイアル ♪11. Lunar Clock ~ Luna Dial
  「黄泉津平坂、暗夜行路」(藤木稟)に出てくる時計です。月時計というものがどういうものか知りたいものです(^^;

  ハードなロック調なのはルナな部分。あの小説で霊気琴という楽器が出てくるのですが、1,2年前ようやくどういう楽器か分かりました(^^;

  つーか、上流階級でも、明治時代の家にあるの?霊気琴(テル・ミン)
The clock that appears in the novel “Yomizu Hirasaka Yamiyo Kouro” by Rin Fujiki. I would like to know what kind of clock a lunar clock is. (^^; The hard rock part is the lunar part. There’s an instrument called a Theremin in that novel, but I found out about a year or so ago what that was. (^^; Even if the house was rich, would a Theremin be something found in a house of the Meiji era?
 ♪12.ツェペシュの幼き末裔 ♪12. The young descendant of Tepes
  ツェペシュとはブラド・ツェペシュのことです。ドラキュラ公のモデルになった事で有名ですね。なんでも2万もの捕虜を全員串刺しにして道に立てて並べたとか...
  でもレミリアは末裔ではありません。
Tepes meaning Vlad Tepes. He’s famous for being the model of Count Dracula. From what I hear, he impaled twenty thousand captives and stood them by the road…
Although Remilia isn’t his descendant.
 ♪13.亡き王女の為のセプテット ♪13. Septette for the Dead Princess
  とあるクラシックの有名曲をもじってタイトルにしています。その曲とは一切の関係もありません。しかも曲はセプテットでもないです。雰囲気だけ(汗)そもそも、誰も亡くなっていないし、王女ってだれ? I tweaked a certain famous classic song’s title and made it the title. It has nothing to do with that song though. To top it off, the music isn’t even a septtete, only the feeling. (Sweats) In the first place, nobody’s dead and who’s the princess?
 ♪14.魔法少女達の百年祭 ♪14. The Centennial Festival For Magic Girls
  百年に一度行われる収穫祭のようなものです。何が収穫されるのでしょう(笑) Something like a thanksgiving festival that’s done every hundred years. I wonder what’s for harvest. (Laughs)
 ♪15.U.N.オーエンは彼女なのか? ♪15. U.N. Owen was Her?
  U.N.オーエン(ユナ・ナンシィ・オーエン)です。分かる人だけ分かってください。元ネタはかなり古いです(70年前くらい?)なんで、この名前かっていうと、オーエンをアルファベット表記した方で考えて、フランドールは「何者とも判らぬ者」とかけています。フランドールの9枚目のスペルカードが、そのパロディになっています。 This is U.N. Owen (Una Nancy Owen). Only people who understand it understand please. The original is quite old. (About 70 years ago?) The reason why the name is this, thinking in terms of why the name is written in roman letters, is because Flandre is an unknown being. The ninth spell card is a parody of that.
 ♪16.紅より儚い永遠 ♪16. An Eternity that is More Transient than Scarlet
タイトル曲の編曲みたいなもんなんで、曲名も同じような感じに。いや別に紅って儚い感じはしないんだけどね(^^; It’s a remix sort of thing of the tile so the name is similar. Although red doesn’t really feel transient. (^^;
 ♪17.紅楼 ~ Eastern Dream... ♪17. Crimson Tower ~ Eastern Dream
  そういえば、昔の私は、日本語 ~ 英語 ってフォーマットで曲名付けてたような...
  それはともかく、スタッフロールは"なにがしDream"と付ける風習が自分にはあるので、今回も(^^;
Now that I think of it, I used to title songs in a Japanese ~ English format... Anyways, I tend to put “whatever Dream” to staff roll themes, so once again.(^^;
■5.攻略とヒント 5. Capturing and Hints
 攻略のヒントを書こうかと思ったけど、文章で攻略するのは至難の業なので割愛(笑) I thought I'd write hints on how to clear the game, but it's incredibly hard to beat this kind of game on written advice so I kind of skimped. (Laughs)
 ちょっとしたトピック程度に読むと良いでしょう。 It might be better to read these one at a time.
 ○雑魚敵がパワーアップアイテム(大)を落とす条件。 -The requirements for a small enemy to drop power-ups (large).
  多くの雑魚敵は落とすアイテムが決まっていますが、中にはフリーの敵もいます。この敵は、ある順番に則ってアイテムを出します。逃さず多く倒せば倒すほど順番の回りが良くなって、速くパワーアップアイテム(大)が出ます。ただ、テーブル開始位置は0~3匹分程度、ランダムでずれます。 Most enemies have a set item to drop, but some of them are random. These enemies drop items in certain orders. If you defeat as many of them as possible before they escape, the cycle of items they drop moves faster and you’ll get big power-up items faster. But the order of things that an enemy drops is set at random between the range of 0~3 enemies worth.
 ○キャラ回しの出来る場所。 -Parts where more enemies can appear.
  基本的に3、6、EX面以外の中ボスは、速く倒せば、その後穴埋めに雑魚が多く出ます。 Generally, if you beat the mid bosses of stages other than stages 3, 6, and EX, there will be enemies to fill the spot.
 ○レーザーのかすりは、12フレームに付き一回。 -The grazing of lasers is once per every 12 frames, only about 5 times per second.
  です。一秒で5回程度です。あんまりレーザーかすりに過信しないで、色々な弾にかすってみてください。 Don’t rely on laser grazing too much and try grazing other bullets too.
 ○喰らいボムについて。 -About death bombs.
  喰らいボムをするたびに、有効時間がどんどん短くなります。ミスした時点でもとの時間に戻ります。いくら反応の良い方でも過信しないで下さい。 If you death bomb, the time it gives you to do so gets shorter every time. Once you die the time is reset. Even if you have good reflexes don’t trust it too much.
 ○フルパワーアップモードについて。 -About full power mode.
  フルパワーアップモードで、アイテムを引き寄せたからと言って、必ずしも最高得点が取れるとは限りません。あんまり得点アイテムのすぐそばで、引き寄せてもキャラの下部分で取った場合、場所によっては最高得点にはなりません。また、引き寄せてからすぐに下がっても同じです。 Even if you can pull in items at full power mode, it doesn’t mean you’ll get the most points possible. If the items are close to you when you pull them in and they are collected by the bottom part of your character, you might not get the maximum value from them due to the location. It’s the same thing if you went down right after you started drawing them in.
 ○★アイテムについて About star items.
  ボム中は100点になりますが、ボムが切れてから自分にアイテムが届く場合があります。これはちゃんと点が入りますので、最後にアイテムから距離をおけば、僅かですが得することもあります。 If you get it during bombs the point for it is 100, but there are times when you get it after a bomb ends. In this case, you still get the point for it, so if you move away from the item at the end, you’ll get a bit more points.
 ○打ち込み点について -About points for hitting enemies.
  打ち込み点もあります。無敵のキャラにも打ち込めば、僅かな稼ぎになります。 There are points for hitting enemies. Even if you hit characters that are invincible, you'll still get some points.
 ○ボス戦で死んでしまった -Dying on boss battles.
  ボス戦でミスって、フルパワーじゃなくなった場合。段階が進むときにパワーアップアイテムが出ます。このアイテムを急いで取らないで、ボスが弾を十分に吐いてからフルパワーアップ状態になると、少し稼げます。ただしノーミスだった場合は、パワーアップアイテムが得点アイテムになるので、わざとミスる程ではないです。 If you power down from full power mode in boss battles, you’ll see power up items as you get further in the battle. If you wait for a bit so that the boss spits out more bullets, then get the items to reach full power, you’ll gain a bit more points. But if you didn’t die, the power ups will turn into point items so there’s not much of a point to die on purpose.
 ○ルーミアの通常攻撃はランダムのように見えますが、ランダムです。 -Rumia’s normal attacks seem to be random, so they are random.
  でも、最初の攻撃が必ず同じ者、かつ、同じ攻撃が2連続しない、という条件があります。その為、極端な偏り方はしません。 But there is a certain rule, that the first attack is always the same and no two attacks repeat one another, so it shouldn’t deviate too much.
 ○パチュリーのスペルカードについて。 -About Patchouli’s spell cards.
  あれは一切のランダムがありません。プレイヤー、武器、それぞれに対して違うカードを使ってきます。使用キャラが同じである限り同じカードを使ってきます。 There are no random parameters involved in it. She will use different cards depending on the player, and weapon. As long as you use the same character, she’ll use the same cards.
 ○レミリア4段階目のこうもりに関して。 -About the bats in Remilia’s 4th attack.
  4段階目に大量のコウモリを吐きますが、ただの演出なんで何にもありません。あたり判定もありません。 On the 4th attack, she’ll spit out lots of bats, but these are just for show and affect nothing. They don’t even have hit boxes.
 ○レミリア最終段階、フランドールのスペルカードで -In Remlia’s final form and Flandre’s spell cards
  霊夢のボム「夢想封印」が自機の周りから離れなくなる。バグではありません。この段階では、ボムを使用するとボスがコウモリに変形して、一切の判定を失います。その為、夢想封印はホーミングボムなので、行き場を失います。 Reimu’s bomb “Fantasy Seal” will circle around the player and won’t go away. This is not a bug, and at this time if you use a bomb the boss turns in to a bat and loses its hitbox. Since Fantasy Seal is a homing bomb it loses a place to go.
 ○パチュリーの「ロイヤルフレア」について -About Patchouli’s “Royal Flare”
  完全にいつも同じ形の弾が来ます。パターンにしてください。 The bullets are perfectly the same every time. Just memorize the pattern.
 ○パチュリーの「賢者の石」について -About Patchouli’s “Philosopher’s Stone”
  周りにある本は倒せません。パチュリー本体を狙ってください。 You can’t destroy the books around her, so aim for Patchouli herself.
 ○フランドールの9段階目について。 -About Flandre’s 9th attack.
  この攻撃のみ時間切れでもノーミスノーボムならば、スペルカードボーナスが得られます。 Only for this attack, if you don’t die and don’t use a bomb you can still get a spell card bonus even if you time up.
 ○フランドールの最終段階について -About Flandre’s last attack.
  フランドールの体力に応じて難易度が変化します。また、残り時間が少なくなっても発狂します。時間で発狂するより、体力の方が楽なので、即効で倒すつもりでいきましょう。 The difficulty will change with how much health she has remaining. Also, the attack will get crazier as the time runs out. Health is easier than time so try defeating her right off the bat.