Difference between revisions of "Lyrics: かぜなきし"

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
(Created page with "{{Lyrics |group=RD-Sounds |titlejp=かぜなきし |titlerom=Kaze Nakishi |titleen=Though the Wind Cries |length=07:38 |arranger=RD-Sounds |lyricist=RD-Sounds |vocalist={{...")
 
m (duplicating "source" - fix for adding title readings and song informations)
Line 10: Line 10:
 
|source=
 
|source=
 
*original title: {{lang|ja|ネイティブフェイス}}
 
*original title: {{lang|ja|ネイティブフェイス}}
 +
*source: {{MoF}}
 
*original title: {{lang|ja|信仰は儚き人間の為に}}
 
*original title: {{lang|ja|信仰は儚き人間の為に}}
 
*source: {{MoF}}
 
*source: {{MoF}}

Revision as of 09:04, 10 January 2014

Though the Wind Cries by RD-Sounds
Featured in:
Susume.jpg
Original Romanized

―人の子は、人に、愛されよと。願い。

—hito no ko wa, hito ni, aisare yo to. negai.

―神の子は、神に、愛されよと。願う。

—kami no ko wa, kami ni, aisare yo to. negau.

人であり、神であるものがいたなら、共に愛されよと。 かぜがはこぶ、遠い記憶。

hito de ari, kami de aru mono ga ita nara, tomo ni aisare yo to. kaze ga hakobu, tooi kioku.

黄金にたなびく、稲穂の海に立ち。 人の生み出した、鉄を絆とす。

kogane ni tanabiku, inaho no umi ni tachi. hito no umidashita, tetsu wo kizuna to su.

共に支えては、互いに生かし合い。 それでも、嗚呼、終ぞ、交わることはなく。

tomo ni sasaete wa, tagai ni ikashiai. soredemo, aa, tsuizo, majiwaru koto wa naku.

揺らぎ、猶予う、人の祈りに。 ときに愛さえ感ずることがあれども

yuragi, tayutau, hito no inori ni. toki ni ai sae kanzuru koto ga aredomo

―されど、神は、孤独なのだ。

—saredo, kami wa, kodoku na no da.

いとし子よ 罪なき子よ 生まれしことを祝えども

itoshi ko yo tsumi naki ko yo umareshi koto wo iwaedomo

この手に抱くなど。許されはしない。 神はただ、神としてあればよい。

kono te ni daku nado. yurusare wa shinai. kami wa tada, kami to shite areba yoi.

故に。 わが子を、抱いて。なくこともできない。

yue ni. waga ko wo, daite. naku koto mo dekinai.

ただ、愛されよと、かぜにのせた思いは、何処へ。

tada, aisare yo to, kaze ni noseta omoi wa, doko e.

鈍色に聳える、鉄の海に埋もれ。 人の縋っていた、信仰 (おもい) は消え行く。

nibiiro ni sobieru, tetsu no umi ni umore. hito no sugatteita, omoi wa kieyuku.

この身の行く道は、信仰の中に在り。 それを露ほども疑いもせずに。

kono mi no yukumichi wa, shinkou no naka ni ari. sore wo tsuyu hodo mo utagai mo sezu ni.

揺らぐことない、捧ぐ祈りに。 ときに振り返ることを望みもすれども

yuragu koto nai, sasagu inori ni. toki ni furikaeru koto mo nozomi mo suredomo

―けれど、人は、孤独なのだ。

—keredo, hito wa, kodoku na no da.

いとし人 いとし母よ たとえ血を分けていなくとも

itoshi hito itoshi haha yo tatoe chi wo waketeinaku to mo

その手に愛されて。生きてきたならば。 その想いのまま、立たねばならぬ。

sono te ni aisarete. ikitekita naraba. sono omoi no mama, tataneba naranu.

故に。 膝を、ついては。なくことはできない。

yue ni. hiza wo, tsuite wa. naku koto wa dekinai.

ただ、生きるために、かぜにのせた思いは、何処へ。

tada, ikiru tame ni, kaze ni noseta omoi wa, doko e.

―立ち上がれと、呼んでいる。自分の手で、 生きる道を見出すため。

—tachiagare to, yondeiru. jibun no te de, ikiru michi wo midasu tame.

祈るは、その行く先に。かぜが吹くように。

inoru wa, sono yukusaki ni. kaze ga fuku you ni.

いとし子よ 遠き我が子よ 人が絆を砕いたら。

itoshi ko yo tooki waga ko yo hito ga kizuna wo kugaitara.

今こそこの手で。誰よりも強く。 現神人 (かみ) たるその身を抱きしめよう。

ima koso kono te de. dare yori mo tsuyoku. kami taru sono mi wo dakishimeyou.

故に。 その身を、投げ出し。なくことを赦されよ。

yue ni. sono mi wo, nagedashi. naku koto wo yurusare yo.

ただ、愛すること。かぜがはこぶ思いは、此処に。

tada, ai suru koto. kaze ga hakobu omoi wa, koko ni.

そして、遠く。かぜがなく。

soshite, tooku. kaze ga naku.