Lyrics: Heart of Night

Heart of Night by Halozy
Original Romanized

コトノハは 風のように流れる 夜明け前 舞い落ちる花弁

kotonoha wa kaze no you ni nagareru yoake mae maiochiru hanabira

染まりゆく 夜は過去の幻影 現実か夢かもわからない 窓の外 光が灯り始め 霞んだ目をこすって 明日へ飛び立つ

somariyuku yoru wa kako no gen’ei genjitsu ka yume kamo wakaranai mado no soto hikari ga tomori hajime kasunda me wo kosutte asu e tobitatsu

たわいない言葉 忘れて眠りましょう 泡のようなあなた 優しく包み

tawai nai kotoba wasurete nemurimashou awa no youna anata yasashiku tsutsumi

空へ…

sora e…

口づけよりも熱い 奈落よりも深い 抱擁で私を未知へと誘(いざな)って いつか消えてしまう 熱を絶やさないで 曇ったガラスに あなたの影をなぞる

kuchizuke yori mo atsui naraku yori mo fukai houyou de watashi wo michi e to izanatte itsuka kiete shimau netsu wo tayasanaide kumotta garasu ni anata no kage wo nazoru

荒れ果てた大地に 咲いてしまった花は 枯れゆくのを待つだけの 孤独な生命(いのち) やがて夜が明けて 光が射す前に あなたの矢イ刃で 私を突き動かして

arehateta daichi ni saite shimatta hana wa kareyuku no wo matsu dake no kodoku na inochi yagate yoru ga akete hikari ga sasu mae ni anata no yaiba de watashi wo tsukiugokashite

足音は 波のように近づく 限られた 時間は待ってくれない

ashioto wa nami no you ni chikazuku kagirareta toki wa mattekurenai

意味もなく 石ころ蹴飛ばしたり 意味もなく はなうた歌ったり 撫でるように 頬(ほお)を伝う風が 数多の影を 斜めに傾ける

imi mo naku ishikoro ketobashitari imi mo naku hanauta utattari naderu you ni hoo wo tsutau kaze ga amata no kage wo naname ni katamukeru

終わらない輪廻 繰り返すだけの日々 絡む指さえも 引き離されて

owaranai rinne kurikaesu dake no hibi karamu yubi sae mo hikihanasarete

闇へ…

yami e…

夕焼けよりも赤い 血の海よりも赤い 瞳であなたのココロを染め上げましょう いつまでも消えない 刻まれた色は あなたを捜し出す 重要な目印

yuuyake yori mo akai chi no umi yori mo akai hitomi de anata no kokoro wo someagemashou itsumademo kienai kizamareta iro wa anata wo sagashidasu juuyou na mejirushi

どんな闇もいつか 光が差し込んで 星たちが飛び交い 時間が流れ始める やがて日が沈んで 闇に染まる前に あなたの体温(ねつ)で 愛で 私を濡らして

yuuyake yori mo akai chi no umi yori mo akai hitomi de anata no kokoro wo someagemashou itsumademo kienai kizamareta iro wa anata wo sagashidasu juuyou na mejirushi

口づけよりも熱い 奈落よりも深い 抱擁で私を未知へと誘(いざな)って いつか消えてしまう 熱を絶やさないで 曇ったガラスに あなたの影をなぞる

kuchizuke yori mo atsui naraku yori mo fukai houyou de watashi wo michi e to izanatte itsuka kiete shimau netsu wo tayasanaide kumotta garasu ni anata no kage wo nazoru

荒れ果てた大地に 咲いてしまった花は 枯れゆくのを待つだけの 孤独な生命(いのち) やがて夜が明けて 光が射す前に あなたの矢イ刃で 私を突き動かして

arehateta daichi ni saite shimatta hana wa kareyuku no wo matsu dake no kodoku na inochi yagate yoru ga akete hikari ga sasu mae ni anata no yaiba de watashi wo tsukiugokashite