Perfect Memento in Strict Sense/Draft of Spell Card Rules

From Touhou Wiki
< Perfect Memento in Strict Sense
Revision as of 03:27, 8 October 2007 by Mefidex (talk | contribs) (Adding transcribed text)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search

命名決闘法案

妖怪同士の決闘は小さな幻想郷の崩壊の恐れがある。

だが、決闘の無い生活は妖怪の力を失えしまう。

そこで次の契約で決闘を許可したい。

理念

一つ、妖怪が異変を起こし易くする。

一つ、人間が異変を解決し易くする。

一つ、完全な実力主義を否定する。

一つ、美しさと思念に勝る物は無し。

法案

・決闘の美しさに名前と意味を持たせる。

・開始前に命名決闘の回数を提示する。

体力に任せて攻撃を繰り返してはいけない。

・意味の無い攻撃はしてはいけない、意味がそのまま力となる。

・命名決闘で敗れた場合は、余力があえも負けを認ある。

勝えも人間を殺さない。

・決闘の命名を契約書と同じ形式で紙に記す。

それにより上記規則は絶対となる。

この紙をスペルカードと呼ぶ。

具体的な決闘方法は後日、巫女と話し合う。

スペルカードルールの原案。

巫女が決めたルールであるはずだが、

この原案は妖怪同士の契約書と同じ紙に書かれている。

巫女にルールを提案した妖怪が居るのか?

にれは誰が書いたのだろと。