Difference between revisions of "Shuusou Gyoku/Story/Extra Story"

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
(Tags: Mobile edit, Mobile web edit)
(Please, for the love of all that is holy, do not use machine translation.)
 
Line 9: Line 9:
 
{{TranslateTable
 
{{TranslateTable
 
| ja =れっきとしたメイドと認められた{{lang|en|VIVIT}} は、いつものようにおつかいを頼まれる。
 
| ja =れっきとしたメイドと認められた{{lang|en|VIVIT}} は、いつものようにおつかいを頼まれる。
| en =A respectable maid {{lang | en | VIVIT}} is asked to use it as usual.
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable|blockquote
 
{{TranslateTable|blockquote
 
| ja = {{lang|en|VIVIT}} 「はい、御主人様、なんでしょうか?」
 
| ja = {{lang|en|VIVIT}} 「はい、御主人様、なんでしょうか?」
| en =VIVIT "Yes, master,
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable
 
{{TranslateTable
 
| ja =なんだか、微妙にいつもと違う雰囲気の御主人様。その雰囲気に気づいたのか気<br/>
 
| ja =なんだか、微妙にいつもと違う雰囲気の御主人様。その雰囲気に気づいたのか気<br/>
 
づかないのか{{lang|en| VIVIT}} は、
 
づかないのか{{lang|en| VIVIT}} は、
| en =Somehow, the master of the atmosphere is slightly different from usual. I wonder if I noticed the atmosphere
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable|blockquote
 
{{TranslateTable|blockquote
 
| ja = {{lang|en|VIVIT}} 「了解しました。いってきま~す」
 
| ja = {{lang|en|VIVIT}} 「了解しました。いってきま~す」
| en ={{lang | en | VIVIT}} "I understand.
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable
 
{{TranslateTable
 
| ja =すぐにその場を離れる。ただ単に久々に外に出るのが嬉しかっただけかも知れない。
 
| ja =すぐにその場を離れる。ただ単に久々に外に出るのが嬉しかっただけかも知れない。
| en =I immediately leaft the place. You may just be happy to go out after a long time.
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable|blockquote
 
{{TranslateTable|blockquote
 
| ja = {{lang|en|VIVIT}} 「って、どこ行けばいいのかしらん(汗)」
 
| ja = {{lang|en|VIVIT}} 「って、どこ行けばいいのかしらん(汗)」
| en ="Well, where should I go? (Sweat)"
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable
 
{{TranslateTable
Line 39: Line 39:
 
なくとりあえず、この世界で、もっとも危険な方向へ歩み始める。<br/>
 
なくとりあえず、この世界で、もっとも危険な方向へ歩み始める。<br/>
 
そう、東へ・・・
 
そう、東へ・・・
| en =VIVIT will come out without asking how to get it, just by the matter.
+
| en =
 
 
The item requested is the “holy cup” that has received the blood of Christ.  Those who have an illusion of knowledge have
 
You should not feel awe to your master.  Of course VIVIT also knows why
 
First of all, we begin to walk in the most dangerous direction in this world.
 
 
 
Yes, to the east ...
 
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable|colspan}}
 
{{TranslateTable|colspan}}
Line 51: Line 45:
 
| ja = 御主人様「というのは冗談で、本当の用事は・・・、おや{{lang|en| VIVIT}} や?<br/>
 
| ja = 御主人様「というのは冗談で、本当の用事は・・・、おや{{lang|en| VIVIT}} や?<br/>
 
      せっかちよのう。やっぱり、母さんに似たのかのう」
 
      せっかちよのう。やっぱり、母さんに似たのかのう」
| en = Master
+
| en =
 
}}
 
}}
 
{{TranslateTable
 
{{TranslateTable

Latest revision as of 14:06, 12 June 2019

< Main Scenario   Story   Extra Scenario >

Excerpt from 秋霜玉.txt[edit]

○エキストラストーリー Extra story
れっきとしたメイドと認められたVIVIT は、いつものようにおつかいを頼まれる。

 VIVIT 「はい、御主人様、なんでしょうか?」

なんだか、微妙にいつもと違う雰囲気の御主人様。その雰囲気に気づいたのか気
づかないのかVIVIT は、

 VIVIT 「了解しました。いってきま~す」

すぐにその場を離れる。ただ単に久々に外に出るのが嬉しかっただけかも知れない。

 VIVIT 「って、どこ行けばいいのかしらん(汗)」

用件だけで、その入手方法、手段をいっさい聞かずに出てきてしまうVIVIT

頼まれたアイテムとはキリストの血を受けた「聖杯」。知識に幻想を抱く者はその
御主人様に畏怖を感じえないはずである。もちろん VIVIT はそのことを知る由も
なくとりあえず、この世界で、もっとも危険な方向へ歩み始める。

そう、東へ・・・

 御主人様「というのは冗談で、本当の用事は・・・、おやVIVIT や?
      せっかちよのう。やっぱり、母さんに似たのかのう」

・・・ボケとは何時やってくるか分からないものである
< Main Scenario   Story   Extra Scenario >