Banshiryuu/Story/Prologue

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
 Story   VIVIT-r's Scenario (C67 version)
 VIVIT-r's Scenario (C74 version, Easy and Normal modes)
 VIVIT-r's Scenario (V3, Easy and Normal modes)
 VIVIT-r's Scenario (C74/V3, Hard and Lunatic modes)
 Hirano's Scenario (C67 version)
 Hirano's Scenario (C74 version, Easy and Normal modes)
 Hirano's Scenario (V3, Easy and Normal modes)
 Hirano's Scenario (C74/V3, Hard and Lunatic modes)
>

C67 version and below[edit]

パワープラント・RedStorm
火星探索において、局所的・短時間に発生する嵐の中心部で発見された鉱石を用いて行うエネルギー発生装置。鉱石自体を地球に持ち込もうとすると何故か制御が失敗するため火星にて応用しやすいエネルギーに変換、地表に転送している。現在はまだ試験段階。
クリーンで効率的な新エネルギーの開発。

技術が進めば、その技術を最高に活かすためにとより高いエネルギーを欲する。

かつて、技術面において高い評価を得た発明家・エーリッヒの名はRedStormの発見によってさらに高みを見いだしたかのように…思えた。
半年間、安定を見せていたRedStorm

しかしある日、何の前触れもなく暴走を始めた。
RedStormの暴走は、RedStormを用いた全ての機械を暴走させる

結果となった…ただの一つの例外を除いて。

VIVIT-r、待機状態を解除。システム、異常なし。

…はい、ご主人様。私は問題なしですよ。今度は何の御用ですか?

…はい、了解しました。直ちに向かいます。」

一方、RedStormの暴走が起こってから、巫女の比良乃は叫び声が聞こえるようになった。

「た す け て………!」

「…火星に囚われているようね。眠らせてあげないと…。

 RedStormの暴走と関係があるかもしれない。

 エーリッヒ博士に会いに行きましょう。」

そして、物語の始まりの地へ。

C74 Version and over[edit]

パワープラント・RedStorm
火星探索において、局所的・短時間に発生する嵐の中心部で発見された
鉱石を用いて行うエネルギー発生装置。
鉱石自体を地球に持ち込もうとすると何故か制御が失敗するため
火星にて応用しやすいエネルギーに変換、地表に転送している。現在はまだ試験段階。
クリーンで効率的な新エネルギーの開発。

技術が進めば、その技術を最高に活かすためにとより高いエネルギーを欲する。

かつて、技術面において高い評価を得た発明家・エーリッヒの名は RedStormの発見によってさらに高みを見いだしたかのように…思えた。
半年間、安定を見せていたRedStorm計画。
しかしある日、なんの前触れもなくそれらは暴走をはじめる…ただ一つの例外を除いて。
「VIVIT-r、待機状態を解除。システム、異常なし。

…はい、ご主人様、私は問題無しですよ。今度はなんの御用ですか?

…はい、了解しました。直ちに向かいます」
そして、物語の始まりの地へ。
 Story   VIVIT-r's Scenario (C67 version)
 VIVIT-r's Scenario (C74 version, Easy and Normal modes)
 VIVIT-r's Scenario (V3, Easy and Normal modes)
 VIVIT-r's Scenario (C74/V3, Hard and Lunatic modes)
 Hirano's Scenario (C67 version)
 Hirano's Scenario (C74 version, Easy and Normal modes)
 Hirano's Scenario (V3, Easy and Normal modes)
 Hirano's Scenario (C74/V3, Hard and Lunatic modes)
>