Bubbling Imaginary Treasures/Story/Marisa and Cirno's Good Ending

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
博麗神社。

幻想郷の外れにある神社であった。
人間の参拝客より妖怪をよく見かける『妖怪神社』だ

文銭によって破壊された本殿は元の姿を取り戻していた
魔理沙「いやー、神社再建出来て良かったな」

霊夢 「んーまぁ。萃香と勇儀が建て直してくれたんだけど…
    …しばらく禁酒状態ね。物理的に」

魔理沙「そ、そうか…。色々災難だったな…」
チルノ「おらーっ!喰らえー!」

ピース「なんの!アポロスマッシュ!」

ラルバ「まだまだぁ!てえいっ!」
魔理沙「で、あの妖精(バカ)共は何やってんだ?」

霊夢 「…みりゃ判んでしょ。メンコよメンコ」

魔理沙「…アレは確か厚紙でやる男児の遊びだった気がするが」

霊夢 「怨霊通貨の使い道が判らんから教えろってせがまれたの」

魔理沙「せめて御弾きとかあったろうに」
魔理沙「って待て。アレをおもちゃにさせてんのか?!」

霊夢 「遊ぶ前に私が祓っといたから大丈夫よ。
    …まぁ、そんな必要もなかったんだけどさ」

魔理沙「どういうことだ?」
霊夢 「再建の時に蔵の中から厄払い法要の本が出てきたんだけどね。

    ちょうど今回の異変に打ってつけの厄払い法が載ってたのよ。
    節分の豆まきの代わりにお金を投げつけるって奴」

魔理沙「じゃあ、あのメンコバトルは厄除けも兼ねてんのか」

霊夢 「そーいうこと。例の市場の神はなんか頼りないしさー」
魔理沙「はー。よく考えついたなこんなの。まるで巫女みたいだぜ」

霊夢 「あんた私の事なんだと思ってたの」

魔理沙「腐れ縁の悪友だろ?」
くつくつと笑う魔理沙であったが、内心は舌を巻いていた。

異変解決の最中に編み出した厄払い法「アシスト霊撃」と、
ほぼほぼ同じ解法に、無意識無自覚で辿り着いたのだから…。

Ending No.06 無自覚な厄払い法要

 ノーコンテニュークリアおめでとう!