Hopeless Masquerade OST/Iwashi's Comments

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

グラフィック担当の鰯です。何故かサントラ内の文章を頼まれたので、ざっと東方心綺楼を振り返ってみたいと思います。

今回、思い切ってグラフィック周りを一新してみました。キャラの描き方に関して、当初は非想天則までの仕様を引き継ぐという案もあったのですが、10年以上前のEternalFighterZEROの頃に決めた仕様なので、流石にここらで新しくしてもいいんじゃないかという事になり、解像度と頭身を1段階引き上げてみました。

演出的な部分も、いつもよりちょっと力を入れています。毎回後回しになり、結局搭載出来ないでいた勝利ポーズや登場シーンが今回初めて搭載されました。背景にもモブキャラを配置し、賑やかさがアップしました。

情報公開時に背景モブで登場するとプレイアブルキャラとしては参加しないのでは、といった憶測が広まってしまったようで、モブキャラを見てがっかりした人、ごめんなさい。まあ当然の成り行きかと思いますので、次からはもうちょっと気を使っていきたいところです。

背景ですが、今回は3Dになっています。あまり重くならないようにいろいろ頑張ったのですが、それでも重いという方は簡易版の2D背景で遊んで下さい。

今回は新しい事が多くていろいろと大変でしたが、それだけに新鮮で最後まで楽しく作れました。泣く泣く搭載を見送った要素も結構あるので、もし次回作があれば、そちらでお目に掛けたいと思います。