Impossible Spell Card/Translation/Afterword

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

○弾幕アマノジャク ~ Impossible Spell Card.

あとがきとか
上海アリス幻樂団長 ZUN
2014/05/11

Danmaku Amanojaku ~ Impossible Spell Card

Afterword or something
Team Shanghai Alice Leader ZUN
2014/05/11
■1.あとがき 1. Afterword
  どうも、ZUNです。

 いやー、何とかCD焼きまで漕ぎ着けたようです。通常のゲームよりも
遥かに開発期間が短い為、開発開始した瞬間に既に修羅場、といった感じ

でした。何せ実作業に着手してから一ヶ月経って無いですから……。
Greetings, this is ZUN.

Woah, looks like I somehow managed to burn a CD.
This game took much less development time than a regular one, so it felt like the crunch began the moment I started to work.

It's probably because I didn't even spend a month on actual work...
 そんなエクストリーム開発も、作っている時は本当楽しいんですよ。生き物

のように変化していくプロジェクトを育てるのは、まるで愛玩動物の様です。

もっとも、こちらは自分が動かなければ一切変化してくれませんが。
It's really fun creating things, even if the development is so extreme.

Fostering a project that changes like a living being feels like having a pet.

Although, games won't change one bit if you don't do anything.
 さてさて、弾幕アマノジャク、如何でしょうか?

 古典的弾幕に古典的装備システム、成長、学習、そしてクリア体験……。
 細かいシステムには一切目新しいものはありません。ですが、全体を眺めて
みると他に類を見ないゲームとなっていると思います。もしかしたら、本当の
オンリーワンというのは、こういう地味なところに埋まっているのかも知れな

いですね。
Well now, how was Danmaku Amanojaku?

A classical danmaku game with a classic equipment system, experiences of growth, learning and then clearing...
There are no brand-new systems that would add any details.
But I think that on the outlook, it looks like no other game.

Perhaps, the idea for a true "only one of its kind" game was actually hidden in plain sight all along.
  良いゲーム体験の一つに、目標に対して工夫して、努力して、そして根気よ

くプレイする事で乗り越えられる。そんな体験があげられるかと思います。
このゲームはそこに重点を置きました。
 しかし最近は努力の部分がランダムに偏るゲームが多くなってませんか?
 やれスーパーレアだのレジェンドだの……。ランダムで可愛い絵と、それに
付随するパラメタを無限のアップデートで集め続けるゲームには……、僕はもう、
ちょっと限界を感じるようになりました。もう真剣にゲームをしなくなった大人
の暇つぶし、と考えてますが、この世の中がそんなゲームばかりになってはお酒

も不味くなってしまいそうです。
Good game experience involves conquering your goals through strategy, effort and patient play.

I think this game can deliver such experience.
It makes an emphasis on it.
But aren't there too many games in which the effort part largely relies on randomness?
Oh look! Super rares, legendaries!... Endlessly collecting random drops with cute pictures and parameters over an infinite amount of game updates...
I feel like I'm nearing my limit.
Maybe it's just the thoughts of a grown-up who doesn't want to kill his time with serious games,

but if these are going to be the only games left in this world, my alcohol will go bad too.
  特に若いうちはゲームにおけるいい成功体験をしておかないと、将来のゲーム

クリエイターは生まれないかもしれません。いや、ゲームじゃ無くてもクリエイ
ティブな人間にならないかも……なんてすら思ってしまいます。

 このゲーム、難易度は高いですが、是非若い人にもプレイして頂きたい物です。
Most importantly, if young people don't experience the sense of achievement from games,

there might not be developers for future games.
Or maybe... there won't even be creative people at all without games.

This game may be difficult, but I really want young people to play it as well.
  なーんて偉そうに言うけど、難しすぎてクリアなんて出来ないじゃん。 But no matter how arrogantly I say it, if it were too hard, you wouldn't be able to clear it.
  いやーごもっとも。
 アマノジャクですからね。
Though that would be natural.
It's Amanojaku after all.
  一応ヒントを、終盤は、使えるアイテム選びとアイテムレベルが物を言います。
 後は根気と運、それだけですな。
As a hint, in the later stages, item setup and levels mean a lot.
After that it's up to your patience and luck.
     ZUN(開発中、もっとも実質プレイ時間の割合が多いゲームでした。へとへと) ZUN (This game required the most playtesting time during its development. So exhausted)
 主人公は東方輝針城の敵キャラクターです。

本ゲームのストーリーは輝針城の後日談的な内容です。

一応、東方輝針城の設定を乗せておきます。
The protagonist is an enemy character from Double Dealing Character.

The story of this game is sort of a sequel to Double Dealing Character.

At least it takes over its setting.