Legacy of Lunatic Kingdom/Translation/Afterword

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

○東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.

 キャラ設定とかあとがきとかエキストラのストーリーとか

                 上海アリス幻樂団長 ZUN

                        2015/08/14

 

■1.あとがき 1. Afterword
 どうも、ZUNです。

 何とか全ての作業が終了して、後はCDを焼くだけとなりました。
 今回のゲームは如何だったでしょうか。自分なりに小さな冒険が随所にあ
って、正直不安もあります。
 え? いつもと同じじゃん、どこが冒険なんだ?

 そう思った貴方はきっと若い。羨ましい反面、まだまだ経験は少なくて
未来はどうとでも変化出来る素晴らしい人間です。
 しかし、年を取ると共に人間は安定を求め、小さな変化すら怖れるように
なって、見せかけの変化に執着するようになるのです。そんな僕からしたら

今回のゲームは大冒険です。
 
 今回の完全無欠モードは、判る人には判ると思いますが、アイワナ

(I Wanna be the Guy)というゲームに代表する、理不尽高難易度かつ、
リトライ性の高い学習ゲームをモチーフに、その理不尽さをただの投げっぱ
なしにするのでは無く、その理由を設定やストーリー込みで東方という同じ
世界観に纏めたモードです。月の都はアイワナだった!
 その際、ある程度理不尽さは丸まってますが……、実はストーリーとシス
テムを密着させて世界観に昇華したアイワナ的なゲームって僕は余り知らな
いんですね。

(世の中星の数ほどゲームがあるので無いとは思いませんが)
 
 作ってみた感想。

 「いやー、もうこういうアイワナ的ゲーム作るの嫌だわー(笑)」
 延々と避けられるかどうかも判らない開発途中の弾幕に挑戦し続ける毎日。
 まだ避けられることが可能だと判っているのならまだしも、開発段階では
 可能不可能は自分で試すしか無いですからね。
 本当の地獄は開発現場にあった!
 (……今度はもうちょっと和めるゲーム作ろうっと)

 完成したのでもう悪夢は僕の手を離れました。

 今度は悪夢が貴方に元に訪れるでしょう。
 
 レガシーモードはアンチヌルゲーとして用意したものです。

 コアなゲームファンの中にはこの手のアイワナ的ゲームを嫌う人もいます。
 そういう人の為に用意した、過去の遺産モードです。

 しかし、そこに現われる驚愕の事実。

 『エンディングを見るだけなら、レガシーの方が完全無欠より簡単で早い!』
 
 最終的に余りある残機を用意しましたので、思う存分死にながらクリアして

見てください。実はその方が、ストーリーや設定的に正しいので、バリバリ
死んでみましょう。

 ネタバレでは無いですが、エンディングは各キャラ二通りあります。
 それは「ノーミスクリア」と「ミスありのクリア」です。
 別にどちらがグッドでどちらがバッドとかそういう事はありません。
 両方グッドエンドです。

 完全無欠モードは事実上ノーミスクリアとなるので、その二つのエンディ
ングとはほぼ「完全無欠モード」と「レガシーモード」という事になります。
 レガシーモードでノーミスは……多分究極反則生命体レベルの難しさです
し、ストーリー的におかしくなるので(笑)、決して目指そうとしないでく

ださいね:-b
 
 さてさて、今回の開発は中々大変でした。

 夜は日が変わる頃に寝て朝は6時起き、朝昼晩ちゃんと自炊して夜は晩酌。
という今までからは考えられないような超優良な生活を開発最後まで続けま
した。こんなことは初めてです。
 それも嫁さんと息子がいるお陰でしょう。
 開発後、毎日楽しく息子と接してました。

 生活が楽しいと心が豊かになって、ゲームもお酒も楽しめます。

 楽しめないのは腰痛と肩こりだけです。あと眼精疲労も。
 
 長かった開発が終わった今、何かスポーツをしたい気分です。
 暑いし、すぐにバテちゃうんでしょうけど。
 
                ZUN(取り敢えずは水鉄砲遊びかな……)  

Source[edit]

Source: Omake.txt, included with Legacy of Lunatic Kingdom