Lyrics: 幻想神話

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
Illusionary Myth by Sadistic Brownie
Original

天地に照り往く蓬莱の曙

朝を願う罪が 此の身を包む 凍てた言の刃 其の身を切り裂く

我 今も 尚 もがき 火の粉を撒いて 産土に還れず 死の夢を抱いて

猩紅に玉る體に 蘇芳の灰を塗り 火を点し 燃え盛る闇の中 唯 貴女の夢を見るならば

然様ならも何もかも捨てて 朽ち往く私 梧桐 此の身を委ねた宿木 嗚呼

愛し人 呼び声は嗄れて 柘榴の瞳は 生命 今も其の洞に宿して 嗚呼

醴泉は森羅に満ち澤めく 甘露に惹かれただよう羽虫

足許 揺らぐ 落ちる 飛沫を上げて 凍てた水緑 呼び声を上げて

暴け狂えど 湖は静かに包む 涙は澪引き 此の身を流れる

唯 独り橋を戻る 其の背を見送れば 涙落つ 淵源を求め 幾度 唯 枯れた道 辿った

其れは 然様ならをよびもどす為に 月の下 飛ぶ 貴女を捜して彷徨う 嗚呼

愛し子を呼び孵すように 翡翠の瞳は 泉 灼けた鉄を 沈めて 嗚呼

然様ならも何もかも捨てて

然様ならも何もかも総て創から無かった事に 出逢いだけを 唯 残して 嗚呼