Lyrics: 花のみぞ知る

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
花のみぞ知る by TsuBaKi
Featured in:
TBK010.jpg
花-MABOROSHI
Original Romanized

カオスの時代に生まれ 季節外れの一輪の花 止まない雨に打たれても 折れたりしない 静かに確かに佇む

kaosu no jidai ni umare kisetsu hazure no ichirin no hana yamanai ame ni utarete mo oretari shinai shizuka ni tashika ni tatazumu

誰にも開けない ココロ 掴んだ希望を 渡さない

dare ni mo akenai kokoro tsukanda kibou o watasanai

手と手を 重ねたことが 覚えている 目と目が 見つめ合ったのも 忘れないよ

te to te o kasaneta koto ga oboete iru me to me ga mitsume atta no mo wasurenai yo

鋭い刃を 花弁の中に隠しておこう 痛みを耐えて 微笑みながら 心臓を突き刺そう

surudoi yaiba o kaben no naka ni kakushite okou itami o taete hohoemi nagara shinzou o tsuki sasou

風が吹き飛ばした ささやかな 信じ合う喜び 信仰と呼ばれる 情けなさ その意味を 教えて欲しい

kaze ga fuki tobashita sasayakana shinji au yorokobi shinkou to yobareru nasakenasa sono imi o oshiete hoshii

この手で散らした 無力な正義 身に付く 強さ だけが私たちの 生存道 誰にも分かる筈がない

kono te de chira shita muryoku na seigi mi ni tsuku tsuyosa dake ga watashitachi no seizon michi dare ni mo wakaru hazu ga nai

止まらない 季節の移り行く 過去の花 塵逝く 止まったような時間 刻み付く その理由 花のみぞ知る

tomaranai kisetsu no utsuriyuku kako no hana chiri iku tomatta you na jikan kizami tsuku sono riyuu hana nomi zo shiru

形あるものが ただ脆くて 鮮烈で 眩しい たとえ一瞬だけでも 咲き誇る 何時しか焼きつくす命

katachi aru mono ga tada moroku te senretsu de mabushii tatoe isshun dake demo saki hokoru itsushika yakitsukusu inochi

幻想のまほろばに咲いて 季節外れの高嶺の花 予測不能な風に吹かれて 倒れない 孤独に真っ直ぐに佇む

gensou no mahoroba ni saite kisetsu hazure no takamine no hana yosoku funou na kaze ni fukarete taorenai kodoku ni massugu ni tatazumu

揺らめく 夏の蜃気楼 もう見えない 揺蕩う セミの鳴き声 もう聞こえない

yurameku natsu no shinkirou mou mienai tayutau semi no nakigoe mou kikoenai

劇毒の汁を 萼の中に隠しておこう 抱きしめながら 愛の言葉で 胸を貫く

gekidoku no shiru o utena no naka ni kakushite okou dakishime nagara ai no kotoba de mune o tsuranuku

風が吹き飛ばした ささやかな 儚い温もり 人は何故弱さを見せる その理由を 教えて欲しい

kaze ga fuki tobashita sasayakana hakanai nukumori hito wa naniyue yowasa o miseru sono riyuu o oshiete hoshii

この手で剥がした 無実な正義 純粋な 欲望 これこそ私たちの 生き様 誰の理解も 望まない

kono te de hagashita mujitsu na seigi junsui na yokubou kore koso watashitachi no ikizama dare no rikai mo nozomanai

変わらない 季節の移り行く 染め上げた 彩り 変わったような軌跡 動き出す その意味 花のみぞ知る

kawaranai kisetsu no utsuriyuku some ageta irodori kawatta you na kiseki ugokidasu sono imi hana nomi zo shiru

形あるもの ただ儚くて 穢れない まぼろし たとえ刹那と知っても 咲き誇る 灰になれど朽ちぬ魂

katachi aru mono tada hakanakute kegarenai maboroshi tatoe setsuna to shitte mo saki hokoru hai ni naredo kuchinu tamashii

止め処なく 花の如く より美しく より名残惜しむ

tomedonaku hana no gotoku yori utsukushiku yori nagori oshimu

輝いた季節 これからも続く 焼きつくす魂 散り急ぐ命 枯れない花 無縁塚の花よ 四季を映す

kagayaita kisetsu kore kara mo tsudzuku yakitsukusu tamashii chiri isogu inochi karenai hana muenzuka no hana yo shiki o utsusu

変わらない 季節の移り行く 染め上げた 彩り 変わったような軌跡 動き出す その意味 花のみぞ知る

kawaranai kisetsu no utsuriyuku some ageta irodori kawatta you na kiseki ugokidasu sono imi hana nomi zo shiru

形あるもの ただ儚くて 穢れない まぼろし たとえ刹那だと知って 咲き誇る 灰になれどれ朽ちれぬ魂

katachi aru mono tada hakanakute kegarenai maboroshi tatoe setsuna da to shitte saki hokoru hai ni naredore kuchirenu tamashii