Lyrics: Moonlight Dream

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
Moonlight Dream by R-note
Featured in:
RNCD-0021.jpg
永夜 Nostalgia
Original

輝く月が 永遠を照らしてた Moonlight Dream

優しい声に 夜を帳と包んで 御伽噺に 耳を傾けてた 決まって最後は いつも幸せに終わる 憧れたのは そのお姫様

いつかきっとなれるはずって 罪ですら怖くないから この衝動を 浮かべて眠るの

ほら 瞬き散りばめた夢 空想に星が舞えば それは永遠であるように 光を放つ 終わりのその先なんて 知ることもないから 願いは無限のまま

分厚い雲を 独り寂しさと包む 御伽噺が 幻想と解ってから 決まった脚本に 夜は尚更暗くて 憧れの月 遠く霞んでいた

満ちることも 欠けることも 最初から決まった運命 嗚呼 受け入れることができたなら

ほら 輝く夜空の月は 今日も美しくあって まるで永遠であるように 輪郭描く 清らかじゃないこの身を 照らしてくれるなら 私は変わらずいる

Moon Light Moon Light また教えて Moon Light Moon Light 生命の意味 Moon Light Moon Light また照らして Moon Light Moon Light 忘れないで

ほら 瞬き散りばめた夢 空想に星が舞えば それは永遠であるように 光を放つ 終わりのその先なんて 知ることもないから 願いを讃えてる

輝く夜空の月は 今日も美しくあって まるで永遠であるように 輪郭描く 清らかじゃないこの身で 照らしてみせるから 嗚呼 月夜変わらずいて

Moon Light Moon Light 忘れないで Moon Light Moon Light また照らして