Sapphire Panlogism/Story/Extra Story

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
 Story   Reimu's Extra
 Marisa's Extra
 Shou's Extra
 Hecatia's Extra
>

――雨が晴れてから少しずつ回復している、博麗神社。

  異変を解決した四人は、その犯人と一緒に軽くおしゃべりをしていた。
  しかし彼女の話が続けば続くほど、四人は違和感を感じるようになった。

―The Hakurei Shrine, recovering slowly from the rain.

The four that had resolved the incident were now speaking peacefully with its culprit.
But, it so happened that she brought up something odd in conversation.

 祐毋「あら、あの娘も貴方達の味方かと思っていたわ」 「Ummu」 “Oh, I was under the impression that she was with you too.”
 どうやら霊夢達よりも先に異変を解決しようとした人物がいた。

  もっとも、「外交交渉を通じて」解決しようとしたから失敗に終わったらしいが。

She had mentioned that another person attempted to resolve the incident before Reimu and company,
but in an ineffectively diplomatic matter.
祐毋「あの娘なら……今も穹蒼洋にとどまっているはずよ」 「Ummu」 “That person… She’s currently staying in the Expanse.”
その時、突然開かれた障子がバタンと音を立てて枠にぶつかった。 A sliding door could be heard slamming against wood.
???「ねーレイムっち、幻想郷の雨期っていつもこんなに荒っぽい感じなの?」 「???」 “Reimers, does everyone really fight like this during Gensokyo’s rainy season?”
恐るべき外界の女子高生、宇佐見菫子は神社に向かっていた途中で次々と弾幕勝負に
巻き込まれたらしく、その文句を言いに来たのだ

「塩雨異変」と呼ばれるようになった異変の直後に、驚くほどの小さな霊が幻想郷へと流れ込んできた。
あれから数週間何の動きも見せなかったが、突然幻想郷全地に渡って活動し始めたらしい。
それはもちろん、異常なほどに。

Sumireko, an Outside World fearsome High School Girl,
came complaining of constant danmaku battles on the way to the shrine.

It so happened that immediately after the Saltwater Rain incident, as they had begun to call it,
a ridiculous influx of spirits had come into Gensokyo.
After a disturbingly quiet set of weeks in Gensokyo, the land had exploded into activity. To an unreasonable degree, of course.

魔理沙「……こっちも火の魔法がいまだに使えないよなー。 明らかに何か怪しいぜ」 「Marisa」 “...I still can’t use my fire magic. Somethin’s fishy about all this…”
ヘカーティアは頭の上の球体を月の方に切り替えりながら、小さいため息をついた。 Hecatia sighed, swapping out the orb on top of her head for her Moon body.
ヘカーティア「最近さー、地球の地獄のいずれかから何かが持ち出されたらしくてさ?

         どうやらその件についてここの神々との揉め事があったみたい」
  星     「大量の霊の出現も聖から聞きましたわ……」
  霊夢    「そういえば、あいつらみんな“神霊”だよね?」
  魔理沙   「こりゃもう一つの異変に違いないな」

「Hecatia」 “There’s been like, some kerfuffle, I think, with some gods in this country about
something-or-other being brought out from one of the Earthly hells.”

「Shou」 “Hijiri mentioned something about a great appearance of spirits…”
「Reimu」 “Now that you happen to mention it, those are divine spirits.”
「Marisa」 “Gotta be another incident.”

ヘカーティアはバカンスの終わりを悼み、クラウンピースに軽く微笑んだ後

  霊夢達と一緒に神社を出て行った。
  中に残った祐毋は残されたお茶(と呼ばれていたらしい飲み物)を静かに飲んだ。

Hecatia mourned the death of her vacation, and smiled at Clownpiece as the four left outside again.

Inside, Ummu sipped her “tea” or whatever it happened to be called in silence.

菫子「うーむ。 里で見つけたオカルトスポットの話もしておいた方が良かったかなぁ」

  祐毋「(ふふ、私も話しておいた方が良かったのかしら。
      あの娘よりさらに前に来た彼女のことを……)」

「Sumireko」 “Er, I wonder if I should have told them about that Occult Spot I found in the village.”

「Ummu」 “Perhaps I should have told them something too, haha.
About the one that came before the other girl…”

彼女がこれをあえて口にしなかった。 She kept this thought to herself.
数々の小神霊がまるで弾幕の万神祭のように幻想郷を跋扈していたと同時に、

  異変の後に安定していた穹蒼洋への門を中心に、妖精の群れが集まっていた。

Along the divine spirits creating a danmaku-infested pandaemonium out of Gensokyo, a group of fairies began to cluster around the now much-more stable gate to the Expanse.
あそこに身を潜めていた神。

  彼女が見つけられるまで、どのくらいの時間がかかるのだろうか。

That goddess in hiding.

She wondered how long it would take for them to find her.

ああ、この時代でも神々の世界は興味深いものだ。(ヘカーティアから聞いても) Really, the world of the gods was still a funny place. (Even according to Hecatia.)