Shuusou Gyoku/Story/Extra Story

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
< Main Scenario   Story   Extra Scenario >

Excerpt from 秋霜玉.txt[edit]

○エキストラストーリー Extra story
れっきとしたメイドと認められたVIVIT は、いつものようにおつかいを頼まれる。

 VIVIT 「はい、御主人様、なんでしょうか?」

なんだか、微妙にいつもと違う雰囲気の御主人様。その雰囲気に気づいたのか気
づかないのかVIVIT は、

 VIVIT 「了解しました。いってきま~す」

すぐにその場を離れる。ただ単に久々に外に出るのが嬉しかっただけかも知れない。

 VIVIT 「って、どこ行けばいいのかしらん(汗)」

用件だけで、その入手方法、手段をいっさい聞かずに出てきてしまうVIVIT

頼まれたアイテムとはキリストの血を受けた「聖杯」。知識に幻想を抱く者はその
御主人様に畏怖を感じえないはずである。もちろん VIVIT はそのことを知る由も
なくとりあえず、この世界で、もっとも危険な方向へ歩み始める。

そう、東へ・・・

 御主人様「というのは冗談で、本当の用事は・・・、おやVIVIT や?
      せっかちよのう。やっぱり、母さんに似たのかのう」

・・・ボケとは何時やってくるか分からないものである
< Main Scenario   Story   Extra Scenario >