Strange Creators of Outer World/Foreword by ZUN

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

刊行に寄せて

Foreword

現実世界では、次々と雑誌が無くなっています。

Magazines are slowly disappearing in the real world.

かつてシューティングゲームがそうであったように。

Like shmups before them.

そんな、雑誌がまさに幻想入りしそうな昨今、 もうひとつのなくなりそうなものであるCDを付録にするという ある意味大変ロックな行為に及ぶわけでづが、 それは懐かしさからくるものではありません。

In these days where magazines might enter the realm of fantasy, to include with it a CD, another disappearing relic, might be rockish behaviour, but we didn't do it out of nostalgia.

CDは無くなるかもしれないけれど、 音楽自体は無くならないし、 同人の音楽はむしろCDが主流です。

It might be true that CDs are disappearing, but music itself is not. In the doujin music scene, CDs are the mainstream.

そうしたらCDが同人のものになるかもしれない。

If that's the case, CDs may become a doujin thing.

じゃあCDは同人である東方のものになったと言ったら 言いすぎではあるけれど、完全に嘘ということでもない。

Then, to say that CDs are becoming a thing of Touhou, itself a doujin, might be an exaggeration, but it certainly is not a lie.

雑誌が完全に消滅するのはまだ先のことかもしれないけれど、 いずれは雑誌も幻想郷のものになるでしょう。

It may be that magazines still have some time before they disappear completely, but they will eventually become a thing of Gensokyo.

であれば、幻想郷についての雑誌があってもいいかもしれない。

If so, it might be nice to have a magazine about Gensokyo.

さて、この本は幻想郷を幻視することができる人たち、 片足走を突っ込んでいる人たちが参加している雑誌です。

Now then, this is a magazine with contributions from people who can see Gensokyo in their hallucinations and those who have one foot inside it.

現実世界から帰れなくなりそうな人たちの集まりを見る、 自分も動き始めてしまったら、あなたも帰れなくなるかもしれない。

If you, looking at these people who might not be able to return to the real world, start to move yourself, you might not be able to return as well.

読んだ人は、あの世界に行くのを回避してもいい。

It's okay for readers to avoid going to that world.

見るだけにしようとしてもいい。

It's okay to just look.

でも、結果的に片足を突っ込んでいる人たちが この「Strange Creators」です。ヤバいね。

But the people who ended up having one foot in Gensokyo are these "Strange Creators". That's bad.

そういう風に見られても悪い気のしない人たちの集まりです。

This is a gathering of people who don't mind being seen that way.

売れるものを作る人ばかりがクリエイターではないんです。

People who just make things that can sell aren't creators.

結果売れてもいい。でも、それを目標にしていない人たちが満載の雑誌です。

It's nice if it sells in the end, but this magazine is filled with people whose goal isn't that.

……ですよね?

...right?

2015.9.30 ZUN

2015-9-30 ZUN