Strange Creators of Outer World/Introduction of Previous Works/Imperishable Night/Fragment of Phantasy

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

幻想のもと③

Fragment of Phantasy

「妖々夢」では冥界という幻想郷以外の場所が出てきたが、
「永夜抄」で登場した月の都もまた、幻想郷の外にある幻想の場所だった。
そこから先に拡がる世界とは――。

In Perfect Cherry Blossom, we saw a place outside Gensokyo, in the form of the Netherworld.
Imperishable Night introduced another, in the Lunar Capital.
We will be examining the world that spreads out from these two.

「永夜抄」のラスボス蓬莱山輝夜は、日本人なら誰もが聞いたことがあるだろう「かぐや姫」……日本どころか世界最古の物語文学と言われる『竹取物語』の主役、「かぐや」が基となっている。最近は某携帯電話会社のCMでよく見る気がするアレである。このことは、まあ名前の読みや使用するスペルカードをみれば、すぐにピンとくるだろう。一方、同じ6面のボスではあるがいまいちピンと来ない方のキャラが八意永琳だ。だが、東方Projectの世界観を形作るうえでは、どちらかというと輝夜よりも永琳の立ち位置の方が重要ではないだろうか。それは、永琳がなにをモチーフに形成されているかに思いを巡らせることで、明らかになってくる。

The final boss of Imperishable Night, Kaguya Houraisan, is based on someone that any Japanese person would have heard of. Princess Kaguya, heroine of the Tale of the Bamboo Cutter, said to be the oldest written work of fiction not only in Japan but in the world. More recently, you might have seen her in a certain cell phone company’s advertisements. If you look at her name and spell cards, this will be clear right away. A less obvious one is Eirin Yagokoro, the other stage 6 boss. But as far as shaping the Touhou Project’s setting is concerned, Eirin might be more important than Kaguya. This makes more sense when you consider what source Eirin was shaped around.

古代――どこまで?

Ancient - but how ancient?

永琳についてのヒントはやはり名前と、5面で永琳と禁呪の詠唱チーム――魔理沙とアリスが出会った際の会話部分にある。

The hints concerning Eirin are in her name, and her dialogue with the Magic Team - Marisa and Alice - when they meet in stage 5.

「あなた達は古代の力のコピーを
使用しているみたいね。
まだ人間が居なかった時代の無秩序な力。
あの頃が懐かしいわ。
能力にも特許を認めるべきかしら」
"It looks like the two of you
are using a copy of an ancient power.
A chaotic power, from the time before humans were around.
Those were the days.
I wonder if special powers should be patentable."

古代、それも人間が居なかった時代とは、いったいいつのことだろうか。これが名前と繋がって意味を持ってくる。

A time before humans were around. Just what could she be referring to? Think about her name, and it starts to come together.

八意とは日本の神様の名前だ。『古事記』や『日本書紀』では「思兼神(オモイカネノカミ)」と記され、その『記紀』に並ぶ日本の史書『先代旧事本紀』では「八意思兼神(ヤゴコロオモイカネノカミ)」として記される智慧の神様のことを指す。「妖々夢」では「東方」らしく和風の幽霊と西行ネタが仕込まれていたが、ここから一気に日本神話へと話が拡がっていく。

Yagokoro is the name of a Japanese god. In the Kojiki and Nihon Shoki, he is referred to as Omoikane-no-Kami, and in Kujiki, as a god of wisdom named Yagokoro-Omoikane-no-Kami. Perfect Cherry Blossom was full of Japanese-style ghosts, and references to Saigyou, which quickly expands into Japanese folklore.

日本の神様

Gods of Japan

日本の神様観は「八百万の神様」、もちろん読みは「はっぴゃくまん」ではなく「やおよろず」つまり全てのものに神様が宿るという考えである。そして有名な神様は、なぜ有名かと言うとよく知られたエピソードを持っていたり、有名な神社に祀られているからと言える。なお、ここからは敬称略で失礼する。

Japan’s view of divinity can be seen in the phrase ‘eight million gods’. This is of course to be read not literally, but as the kanji for ‘Yao-yorozu’, meaning ‘many’, or ‘all things’. In other words, there is a god in everything. Particularly famous ones become that way because they have well-known stories of their deeds, or have famous shrines dedicated to them. From here on, various names will be abbreviated.

たとえば国産みの神話で語られるイザナギとイザナミ、太陽と同一視され、天岩戸に隠れることで有名なアマテラス、その弟で暴れん坊のスサノオあたりが特に有名だろうか。他に、お稲荷様のように神社は有名だけど、祀られている神様、ウカノミタマのようにいまいち名前が知られていないものもある(※たしかに仏教系の寺院では荼吉尼天……お狐様そのものが祀されてはいるが)。オモイカネについての有名なエピソードは、やはり天岩戸絡みだろう。アマテラスが天岩戸に隠れた際に、神々にどうやってアマテラスを外に出すか、という策を授ける知恵の神として登場するのだ。

Some major examples include Izanami and Izanagi from the genesis legend of Japan. Amaterasu, synonymous with the sun, and known for her tale of hiding away in Ama-no-Iwato. Susanoo, her violent and unruly younger brother. And then there are cases like Inari, where the shrine is famous, but the actual god it’s dedicated to, Uka-no-Mitama, is more unknown. (Though it’s true that in Buddhist temples they venerate the fox herself as ḍākinī.) The most famous episode regarding Omoikane would have to be the one concerning Ama-no-Iwato. He appears as the god of intelligence, arriving to offer advice on how to get Amaterasu to stop hiding in Ama-no-Iwato.

なんとなくではあるが、ものすごく詳しいとか興味がある人以外は、イザナギ・イザナミあたりが一番古い神様ではないか、と思っていそうな気はする。有名さもさることながら「国産み」、つまり天地創造に関わっているというイメージが「最初にいた神様」として印象付けているのではないだろうか。だがこの二柱よりさらに以前の代の神様たちがいるのだ。……ただ、書物によっていろいろ記述が揺れたりするので、ここでは『古事記』に基づいて話を進める。

It’s only a hunch, but I suspect that outside of experts, people assume Izanami and Izanagi are the oldest gods. Apart from their fame, they are involved in the Kuniumi legend - that is, the creation of the archipelago, and a genesis story - which would create an impression of their being the first gods. But there are gods that existed even before these two... However, since the story varies depending on the text, from here on we will proceed according to the Kojiki’s version.

別天津神と神世七代

Kotoamatsukami and Kamiyonanayo

ということで『古事記』によると、イザナギとイザナミは十二代目の神様ということになる。もちろん前だから偉いとかそういうことではないのだが、そんなに? という気になる人もいるのではないだろうか。まず天地開闢、つまり世界が初めて生まれた時に登場したのが「造化の三神」と呼ばれる神様だ。

According to the Kojiki, Izanagi and Izanami are in the twelfth generation of gods. Of course, being older doesn’t make you better or more important, but some people will surely be thinking “wait, a whole twelve?” The first are the three gods that appeared at the beginning, that is, when the world was first created.

  • 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
  • Amenominakanushi
  • 高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)
  • Takamimusubi
  • 神産巣日神(カミムスヒノカミ)
  • Kamimusubi

その次に現れた「宇摩志__備比古__神」(ウマアシカビヒゴコチノカミ)「天之常立神」(アメノトコタチノカミ)を加えた五柱を、天津神の中でも特別な存在として「別天津神」(ことあまつかみ)と呼ぶ。この後に表れる「神世七代」と呼ばれる十二柱の七代目の神様が、イザナギ・イザナミなのだ(※なお、『日本書紀』では「神世七代」こそが天地開闢の際に現れた神様としている)。これがイザナギ・イザナミを十二代目の神様とする理由である。

Next came Umaashikabihigokochi and Amenotokotachi, forming the five pillars. Even among the Amatsukami, they are referred to as a special group, the Kotoamatsukami (meaning ‘separate’ or ‘apart’ Amatsukami). The Kamiyonanayo (seven generations of gods) comes next, making twelve, including Izanagi and Izanami (note that Nihon Shoki claims the Kamiyonanayo are the ones who appeared at creation). This is the reason for placing Izanagi and Izanami as twelfth.

ようやく話は永琳に戻る。というのも、オモイカネは別天津神に挙げた2番目のタカミムスヒノカミの子とする説があるからだ。つまり代で言えばイザナギ・イザナミよりも古い神である可能性がある。ただ、神様の年齢というのは長く、特に別天津神ともなると億単位とする説もある。なので、代がだいぶ後だからと言って、先に誕生したとは一概には言えない。ただ、人類誕生とされる6500万年前よりも以前から存在しているという永琳の台詞は、こういった部分に裏打ちされていると思われる。

And now we finally come back to Eirin. This is because of a theory claiming that Omoikane is the child of Takamimusubi, the second of the Kotoamatsukami. So speaking in terms of generations, he may be older than Izanagi and Izanami. However, a god’s lifespan is very long, and Kotoamatsukami in particular are sometimes said to number in the hundreds of millions. So being in a separate generation doesn’t definitively say they were born first. However, we know that humans have existed for at least 65 million years, and so Eirin’s lines lend some weight to this.

神様の分類

Types of gods

神様の話を続けるために避けて通れないのが、天津神と国津神についてだ。これは、日本神話に登場する神様の分類だ。本稿に既に登場している気もするが、関連するキーワードも一緒に挙げておく。

There’s something we have to go over before talking any further about the gods: Amatsukami and Kunitsukami. This refers to a division of the gods appearing in Japanese mythology. I feel like it might have already come up in this magazine, but if so, it’s worth repeating.

天津神(あまつかみ)
高天原にい神々、または高天原から天下った神々のこと。

Amatsukami
Gods who live in, or descended from Takamagahara.

国津神(くにつかみ)
天津神が高天原からやってくる以前から、葦原中国にいたとされる神々。

Kunitsukami
Gods who lived in Ashihara no Nakatsukuni before the Amatsukami descended.

高天原(たかまがはら)
天地開闢以来、神々が住む場所。天岩戸も高天原にある。

Takamagahara
Where the gods have lived since the creation of heaven and earth. Ama-no-Iwato is also in Takamagahara.

葦原中国(あしはらのなかつくに)
高天原と黄泉の国の間にある世界。日本。

Ashihara-no-Nakatsukuni
The world existing between Takamagahara and Yomi. Japan.

黄泉の国(よみのくに)
死者の世界。葦原中国と繋がっているとされる。

Yomi
The land of the dead. Said to be connected to Ashihara-no-Nakatsukuni.

ということで、天津神の中でも特別な別天津神の子であるオモイカネは、当然天津神ということになる(ので、永琳についても設定的には同様に考える)。また、小説「儚月抄」によれば、月の都を築いたのは、穢れを嫌って地上を離れた月夜見と彼女の親族及び一部の者で、永琳は都の創設に大いに力を貸したとされている。つまり月の都に住んでいるのは、主に天津神なのだ。あと兎。輝夜が神様かどうかはよくわからない。同じく「儚月抄」で重要なキャラとして登場する綿月豊姫・綿月依姫の姉妹も、トヨタマヒメとタマヨリヒメという姉妹の神様をモチーフにしており、それはどちらも天津神である。

As a child of the Kotoamatsukami, Omoikane would obviously be Amatsukami (and the same can be assumed of Eirin). According to Silent Sinner In Blue, Eirin lent her strength to the creation of the Lunar Capital, which was founded by Tsukuyomi and her family after they grew tired of earth’s impurity. In other words, the population of the lunar capital is mostly Amatsukami. And rabbits. It’s unclear if Kaguya is a god or not. Watatsuki no Toyohime and Yorihime, key characters in the same story, are both Amatsukami. They are based on the sister goddesses Toyotamahime and Tamayorihime.

また、オモイカネはタカミムスヒの子とする以外に、常世の神であるとする説もある。常世、つまりあの世の神なわけで、この辺りからも月の都が持つ静かなイメージと繋がる。

According to some theories, Omoikane is not only the child of Takamimusubi, but a god of Tokoyo (lit. eternal world). Tokoyo refers to the world of the dead, and so this also ties in with the quiet, sterile image of the lunar capital.

地上に残っている神とは?

What about the gods left on earth?

こうしてみると、幻想郷を含め、地上は神様が見放してしまって、みんな月に行ってしまったということになる。だがもちろん「みんな」ではない。もともと地上にいた神様だってたくさんいるではないか。そう国津神である。「永夜抄」では、あくまで神様の世界と東方の世界観を接続するまでだったが、ここからさらに2作品を経た後に、満を持して国津神が登場する。それが「東方風神録」だ。「風神録」の話を始めるとページが無くなってしまうのでここでは省くが、「東方輝針城」では一寸法師の末裔という設定のラスボス・少名針妙丸が登場する。だが名前からは国津神の中心的な神・大国主とともに国造りをしてまわった神・少彦名神の末裔とも想像できる。ともかく、「風神録」以降は天津神と国津神とが両方登場するようになったので、ちょっとピリッとした空気が流れる事もある。「東方非想天則」では、「永遠亭には色々神様がいるって聞いたけど」(原文ママ)という趣旨のセリフを洩矢諏訪子が言う。そう何人も居ないだろうに「色々」とはなんとも気になるが、少なくともここで言われる神様の一人は永琳を指すと思われる。また鈴仙が諏訪子に「土着神ってどうしても潰しきれないってお師匠様が言ってました」と言う一幕も。もちろん鈴仙が師匠と呼ぶのは永琳しかいない。

Looked at this way, it looks like the gods have all abandoned the earth, including Gensokyo, and left for the moon. Not everyone, of course. There are many gods who always lived on the earth. The Kunitsukami. Imperishable Night only served to connect the world of the gods and Touhou’s setting, but two games later, the Kunitsukami make an appearance. That is, in Mountain of Faith. Since discussing Mountain of Faith would take up the remainder of the page, let’s move on for now. In Double Dealing Character, the final boss is Shinmyoumaru Sukuna, a descendant of Issun-Boushi. But judging by the name, she could be imagined as a descendant of Sukunahikona, a god who served to create Japan together with one of the central Kunitsukami, Ookuninushi. From Mountain of Faith on, both Kunitsukami and Amatsukami can appear at the same time, usually leading to a slightly tense situation. In Touhou Hisoutensoku, Suwako says something to the effect of “I heard there are a lot of gods in Eientei”. “A lot” might seem strange when there aren’t even that many people there, but at least one of them must be Eirin. And of course, Reisen says to Suwako that “No matter how many times you try to eliminate them, The native gods won't run out. That's what my master said.” There’s only one person Reisen would call ‘master’.

とはいえ「風神録」以降の作品は、別に国津神と天津神がギスギスする話では別にないのでやはりこれらも想像のスパイスとして楽しむくらいがちょうど良いのではないだろうか。

However, after Mountain of Faith the series hasn’t particularly focused on clashes between Kunitsukami and Amatsukami, so it might be best left as a little spice to keep in mind.