Strange Creators of Outer World/Introduction of Previous Works/Undefined Fantastic Animism/Cross Review

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

東方星蓮船全ステージクロスレビュー

UFO Stage Review

「星蓮船」のステージとボスを、識者の方々に振り返ってもらったぞ。早苗さん、保護者のほうが多くないですか?

博麗霊夢:博麗神社の巫女さん。お宝を追いかけない巫女は巫女じゃない。

霧雨魔理沙:普通の魔法使い。魔法使いじゃなくてもお宝は追うもんだろ?

早苗&神奈子&諏訪子:守矢神社のご祭神。早苗が調子にのりすぎたのでご先祖大出張。

ZUN:エニグマティクデベロッパー。このページが本編とか言ってはいけない。

Stage1

ナズーリン

Stage 1

Nazrin

Reimu


便利なネズミと知り合えて嬉しいわ。お願いしてた探し物、そろそろ見つけてくれると良いんだけど。

7:

Marisa


お宝の在処がわかるダウジングって便利だよな。機会があったら教えてほしいよ。

6

Sanae
&
Kanako
&
Suwako


早苗「最初にしては上出来だと思いません?」
神奈子「早苗もようやく独り立ち、と言いたいところだけれど」
諏訪子「もうちょっとインパクトがほしかったよね、ドカーンと!」

Fair

ZUN

草原に船の影が差す、というシーンを作ったら気持ちいいだろうなと。でも僕一人で作ろうとするとお金も時間も足らない。僕だけで達成できる範囲でどうやったらそういうイメージのものが出来上がるかを考えて、爽快な音楽を作って演出的に足りない部分をカバーするという……。時間をかけたらいいものができる、というわけでもないのが難しいところです。

Stage2

多々良小傘

Stage 2

Kogasa Tatara

Reimu


コイツは成長しないよねぇ。付喪神なんてこんなもんかなぁ。

5

Marisa


もう驚くことは無いな。もっと頑張って新しいドッキリを考えてくれよ。

5

Sanae
&
Kanako
&
Suwako


早苗「と、おっしゃいますが……」
神奈子「私なら、たとえばこんな妖怪は無視するわね」
諏訪子「神奈子ったらこわーい。でも、私も無視するかもねー」

Fair

ZUN

1面もそうだけど、「星蓮船」は空が舞台なのでなかなか誤魔化しがきかなくてね。いろいろなコストとの戦いの連続でした。そこで2面は雲の中にいます、という……繋ぎのステージで、ボスも繋ぎのボス(笑)。そういえば、なんでみんな片手を上げてるデザインなんだろう?(笑)

Stage3

雲居一輪&雲山

Stage 3

Ichirin Kumoi & Unzan

Reimu


この前は雲山を貸してくれてありがとう。またお願いしたいわー。

9

Marisa


しれっと一人のフリしていつも二人ってのは、やっぱりズルいと思うんだが。

4

Sanae
&
Kanako
&
Suwako


諏訪子「でも、妖怪退治自体は新鮮だし、早苗も楽しそうだね」
神奈子「なんにせよ楽しむのは大事なことよ」
早苗「ですよね、ですよね!」

Good

ZUN

宝船を追う話だから、船に着いたらラスボスが出てくる、と普通は考えるけど、そのために話を引っ張るのは難しいから、もう早々に船に到着してもらう。というわけで、ここで話の最初のオチですね。体験版はここまでなので、プレイヤーも作者も続きが読めない(笑)。地霊殿が4面で登場するのと同じパターンで、自分でも先が読めないから作っていて楽しいんですよ。

Stage4

村紗水蜜

Stage 4

Minamitsu Murasa

Reimu

−5
飛んでる船なら沈没させることもないのかしら。

-5

Marisa


魔界探索に行きたくなったら、こいつに頼むのが手っ取り早そうだな。

8

Sanae
&
Kanako
&
Suwako


神奈子「そういえば、私も昔は船を御神体にした神社にいたのよ」
早苗「船を、ですか?」
諏訪子「結局、船頭多くして船、山に登っちゃったのよね」

Good

ZUN

船に乗り込みました。中にすごいボスがいるのかと思いきや、船を沈没させるやつしかいない。完全にツッコミ待ちですね。3面まではがんばって空っぽいステージを作ったけど、室内なのでそういう苦労から解放されて好き放題やれる。自然より人工物のほうが楽だなあ。曲もとつぜん拍子抜けさせるような感じで楽しいです。でもゲームはここからが本番なので難易度は上がる(笑)。

Stage5

寅丸星

Stage 5

Shou Toramaru

Reimu


意外と便利そうなアイテムを持っているのねぇ。強さの殆どがそのアイテム頼りに見えるけど。

8:

Marisa


曲がるレーザーなんて、レーザーじゃない。やっぱり真っ直ぐに伸びないとな。

4:

Sanae
&
Kanako
&
Suwako


早苗「命蓮寺では、この妖怪を御神体としているんですよね」
神奈子「不憫ねぇ」
諏訪子「崇める山も湖も持っていないと、こうなっちゃうのかなぁ」

Fair:

ZUN

トンデモ設定なので、ますますやりたい放題です。ステージは全部曲に合わせて作っていて、めちゃくちゃな変拍子に合わせて敵が出てくるんです。あの変な感じこそが魔界(笑)。道中が変化球的な感じなのに対して、折り目正しい感じのボスが出てきます。

Stage6

聖白蓮

Stage 6

Byakuren Hijiri

Reimu


まあ、命蓮寺のおかげで妖怪による被害が減ったというのは事実みたいね。少し歯がゆいけど。

9:

Marisa

10
使う魔法の系統は違うが、偉大な先人には変わりない。圧倒的な魔力には感服だ。

10:

Sanae
&
Kanako
&
Suwako


神奈子「永きにわたって妖怪から信仰を得ていたことは感心ね。宗教は違えどライバルね」
諏訪子「真面目だなぁ」
早苗「私が幻想郷中の信仰を集めてきますよ!」
神・諏「……」

Excellent:

ZUN

ここにきて「インベーダー」感が全開です。曲もほとんどドラムだけで、背景も無くて、ひたすら「インベーダー」。空を飛んで気持ちよかった導入部分からのギャップです。でもボスは弾幕も曲もかっこいい。それもギャップ。「風神録」からの流れの、クライマックスがここにくるような設計を考えていました。「東方怪綺談」のセルフパロディですが、今回はこの作品の後もシリーズが終わらずに続いていきました。

EXStage

封獣ぬえ

EX Stage

Nue Houjuu

Reimu

10
いにしえから語られる妖怪と対面してちょっと興奮したかも。妖怪退治の専門家として冥利に尽きるってもんよね。

10:

Marisa


正体不明の正体を知ったこと、最初は良かったと思っていたが今は少しだけ残念な気もするな。

7:

Sanae
&
Kanako
&
Suwako

不可
諏訪子「ところで早苗さ」
神奈子「あなた、妖怪よりエイリアンのほうを有難がってなかった?」
早苗「いるとなったら会いたいじゃないですか。でも結果エイリアンがいなくてガッカリです」

Bad:

ZUN

宇宙人リトルグレイがボスとして出ていた可能性も高かったんですが、宇宙人を出していたら東方の可能性がもっと拡がっていたかもしれないですね。なぜUFOが飛んでいるかの理由付けとして、本当のUFOだったことにするか、正体不明のぬえを正体にするかでは大きな違いがありますから。ぬえらしさは最後の弾幕だけで、あとはなんでもありにしました。