Strange Creators of Outer World/Urban Legend in Limbo (ver.PS4) Interview with Iruka Unabara

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

黄昏フロンティア 海原海豚インタビュー

PS4版「東方深秘録」が発売されてから、
はや幾日。
ついに二次創作ではない東方Project作品が
PSプラットフォームに登場したわけだが、
現在諸兄が気にしているのは
もはや別のことにあるかもしれない。
もはや別のことにあるかもしれない。
その辺も含めて、海原海豚氏に
いろいろと言える範囲で語ってもらった。

新作の中での新作発表

――

去年はかなり忙しかったですね。

Iruka Unabara
(Unabara below from here)

なんといってもPS4への「東方深秘録」の移植ですね。

――

しかも、追加要素が次回作への導入になっていて、発売記念の生放送で新作が発表されてしまうという。

Unabara

PS4版をリリースしてしまったらプレイした人はみんな次回作があることがわかってしまうので、発売日から1週間以内には次回作の正式な発表したいなって。そうしたらちょうどニコニコ生放送に出ることになったので、スタッフさんやほかの出演者にも全部内緒で発表の用意をしていました。

――

エクストラストーリーの制作に着手した時には、もう次回作の話も込みだったのでしょうか。

Unabara

「深秘録」のPS4への移植作業が始まった時には、次回作の企画はもう立ちあがっていたんです。だから折角移植するならぜひ追加ストーリーが欲しいという相談をしていたんです。そこで、「ゲーム自体はリリースから1年経つことになるので、じゃあその時点で語られる最新のお話が入っているのが筋だろうと。そうなると「深秘録」から「憑依華」への移行の話が入っているのはどうか」、という提案をZUNさんからいただいたんです。

――

いくつもの作品を並行して動かしているZUNさんならではのやり方ですね。「あ、これもう別の異変が始まっちゃったな」って。

Unabara

あの時点で水面下ではもう何かが起きている、ということと「茨歌仙」なんかの他のコミックを見るとおり、結局まだまだ都市伝説異変は解決してないんだなって。

――

ぜんぜん解決しないですよね(笑)。

Unabara

もちろん自分たちはそういった先々の展開については一切知らされていないので、大局的にはコンテンツを楽しむ側として、いい意味で振り回されっぱなしです。

――

PS4版の開発に全力投球しながらも、新作開発にもリソースを割かなければいけないのは大変じゃありませんでしたか。

Unabara

今回、そこが一番大変でしたね。移植作業をガンガンやりながらも、「憑依華」の世界観やストーリーなどを並行してZUNさんとともに練らなければいけなかったので、PS4版は移植タイトルですから、当初は余裕を持って作業できるんじゃないかと思っていたんですが、いろいろなものが予定どおりに進まなかったり、もくろみが外れてしまったり、ことごとく苦しい展開が続きました。

――

そういえば、ZUNさんは当初「夏に出せたらいいよねー」みたいな空気を出してましたけど、黄昏さん側としては「いやいや無理無理」みたいなことになってて、どういうことなんだろうとは思ってたんです(笑)。とはいえ、機能的な面ではPC版から特に変更の必要とかもなく、まるごと移植できてる感じですよね?

Unabara

動かすための根っこの部分の移植をプログラマが頑張ってくれたので、おかげさまで自分の担当する動作部分はあまり苦労は無かったんです。今回の作業のおかげでPS4への移植のノウハウは確立されたので、仮に次回以降があるとしても、だいぶ楽に制作できるのではないかと……。

――

おっ?

Unabara

もちろん現時点では何も決まっていません。いろいろなことに前向きに取り組んでまいりますけれど(笑)。

――

そういう意味でも今回は、やるからには新メディアを巻き込んで展開していくぞ、というZUNさん、黄昏さんの意気込みが見えた一本でしたね。

Unabara

ZUNさんは宣伝だといいつつも、誰よりも頑張ってますから。すごくいい機会だととらえてノリノリでやってましたね。その意味でも楽しくて苦しい1年でした。

発売後の手ごたえ

――

この1年で、コンシューマーゲーム取り扱い店店頭で東方関連のゲームを見るのがすっかり普通になってしまいました。

Unabara

地元のお店に行っても置いていただいているので、すごく嬉しいです。それに、パッケージになっていると「コンシューマー機でゲーム出したんだなぁ」って実感が湧くんですよね。あの箱の形が、ダウンロード版も並行して取り扱っているんですが、パッケージ版をお求めいただく方が圧倒的に多いです。特に、東方Projectの存在やキャラのことは知っていたけどゲームで遊んだことのなかった層や、PC版を遊んでいただいてPS版も、という層はだいたいパッケージ版を手に取ってくださってるようです。

――

意外な気もしますが、増え続けている若年層はクレジットカード決済が必要なダウンロード購入はしにくいという事情もありそうですね。

Unabara

昨年の博麗神社例大祭で、ステージイベントに立たせていただいたんですけれど、見に来てくださった方の年齢を聞くと20歳未満の方が多かったです。東方のことを見聞きして即売会に来たり、興味があるモノに触れてみようという活発な層は若い人が多いんですね。自分たちが当時想像していた「PC版の同人ゲームでブイブイ言わせてるのはロートル層なのでは」というのは、いい意味で裏切られています(笑)。

――

PS4版を出された後の、ユーザーさんからの反応で印象的なものってありますか?

Unabara

PC版を持っていながらPS4版を買ってくれた人がたくさんいるっていうのは一番の驚きでした。やっぱりみんな東方が好きなんだなって。PC版のリリース後は、いろいろな対応に追われることも多かったのですが、PS4版は物静かな印象です。もちろん必要に応じてパッチを出していったりはあるんですけれど。

――

ネットワーク対戦の部分などは同人で手を出しにくい部分なので対応も大変かと思います。

Unabara

コンシューマーなのでゲーム機側の規格が統一されたから、動く、動かないというスペックの悩みから解消されるかと思いきや……オンラインの環境になった途端、各家庭のネットワーク環境の差異でいろいろなことが起こっているようで……。問題点の原因は引き続き調査して、対応していきます。

――

そんな苦労があったんですね。

Unabara

あと、現在「憑依華」の開発中ではあるものの、PC版「深秘録」のバランス調整パッチも並行して作成しておりまして、それをPS4版にも適用するつもりで進めております。ただ、おかげで一時的にではありますが3ライン体制になるのが厳しい状況ではあります。

――

聞くだけでも恐ろしい状況か(笑)。

「憑依華」はタッグバトル!

――

現時点で「憑依華」について、聞けるところまで迫ってみたいところではあるのですが、まず操作可能なキャラが追加されるという発表がありました。

Unabara

いやぁ、まだほとんど言えないんですけれどね(笑)。今年の例大祭が迫ってくる頃にはなにがしかの情報が出せてるといいなあと思っています。……なんて不確定な話をしていますが、実際には完成版がどのあたりに出るかについてもしっかり予定しているところはありまして、それから遅れてしまうと今度はZUNさんの側に迷惑がかかってしまうんですよね。

――

たしかに、ゲームリリース=ネタの解禁ですからね。それを視野に入れていろいろな作品を動かしているZUNさんにとっても遅れてほしくない。

Unabara

「2017年ご期待ください!」が精一杯ですが、そうだな……初報の通り「深秘録」で動いているキャラは全員登場するということ。「全員」にはPS4版で追加された鈴仙も、もちろん含まれます。それとは別に、完全新キャラと、これまでのキャラの掘り下げ……おっとこれ以上は(笑)。

――

タイトルの文字、漢字からキャラのことを想像するんですが、そういえば最近ZUNさんは「誰が作品タイトルにキャラ名を必ず入れると言ったんだい?」とか言い始めましたからね……。

Unabara

そういう想像が、リリースまでの一番の楽しみですよね。ZUNさん側として裏の裏は表みたいなネタだったのが「深秘録」でしたから。「秘」は「秘」だろうって発表直後に散々噂されて、いやいやまさかと思わせつつもやっぱり繋がった!? みたいな展開が面白かったわけですし。

――

あとは、導入テキストからゲーム的にタッグを組んで戦うのではと期待があります。

Unabara

二人ひと組で戦うゲーム、というのは間違いないです。ただ、単純に対等に組んだ二人組で戦う、というようなシステムとは毛色が違うものになっています。こう言うと「ストライカーシステム」かと思われそうですが、それとも異なります。今回は二人でタッグを組む、ということ自体がストーリーの根幹にかかわってくることになります。

――

なるほど!

Unabara

今回新キャラを含めると20人クラスの大所帯なので、そうすると一人を選んで遊ぶゲームではキャラがもったいないんじゃないかって。タッグで戦うというネタを持ちかけたのは自分たちの方なんです。複数人同士で戦うというネタも試してみたかったというのもありますし、ストーリー面でもZUNさんには負担をかけてしまうんですけれどね。

――

「憑依」で「タッグ」だと、プレイヤーの妄想が爆発しそうな気が(笑)。

Unabara

どこまで本気がわかりませんが、ZUNさんも今回は耽美系だと言ってますからん。憑依は重要なキーワードなので、ゲームシステムが公開されていくうちに見えてくるものがあると思います。例大祭近くの情報公開を楽しみにしていただければと!

――

海豚さんの今年の目標は?

Unabara

今年は「遊びたい」ですね。去年は自分たちが作ったものも他の人が作ったものも、それで全然遊べて無くて……。ようやくPS4版「深秘録」でオンラインに顔を出したら、いろいろな方が来てくれて、嬉しかったです。とくに宣言しなくてもふらっと参加しているので、見かけたら遊んでやってください。