Strange Creators of Outer World/Urban Legend in Limbo interview with Iruka Unabara

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search

Strange Creators Interview 02

『東方深秘録』制作ディレクター
海原海豚
インタビュー

Direct of "Urban Legend in Limbo"
Iruka Unabara
Interview

『東方萃夢想』をはじめ、上海アリス幻樂団といくつもの共同制作作品を発表し続ける黄昏フロンティア。これまでの制作スタイルや、最新作『東方深秘録』の企画立ち上げから完成までの経緯などについてうかがった。

Starting with Immaterial and Missing Power, Tasogare Frontier has released a number of collaborations with Team Shanghai Alice. We asked them about their works so far, as well as for the story of Urban Legend in Limbo's production, from planning to completion.

主に二次創作の同人ソフトの制作で活躍し続けるサークル、黄昏フロンティア。2004年に、上海アリス幻樂団と初めての共同制作となる対戦格闘ゲーム『東方萃夢想 ~Immaterial Missing Power.』を東方Project第7.5弾として発表して以来、『東方緋想天 ~Scarlet Weather Rhapsody』(東方Project10.5弾、2008年発表)、『東方非想天則 超弩級ギニョルの謎を追え』(東方Project12.3弾、2009年発表)、『東方心綺楼 ~Hopeless Masquerade.』(東方Project13.5弾、2013年発表)と、共同制作作品を発表し続けている、上海アリス幻樂団とは縁の深いサークルである。また、その技術力の高さから07th Expansionとの共同制作で、TVアニメ化も2度果たした同人サウンドノベル『ひぐらしのなく頃に』をベースとした対戦アクションゲーム『ひぐらしデイブレイク』を2006年に発表、2008年にはアルケミストによってPlaystation Portableへの移植版が販売されたことも忘れてはならない。なお、それら共同制作作品以外にも、主に東方Projectの二次創作同人ゲームを制作・発表し続けている。

Tasogare Frontier is a circle that primarily releases derivative doujin software. As ever since they released their first collaboration with Team Shanghai Alice in 2004, the fighting game Touhou Suimusou ~ Immaterial and Missing Power, as Touhou Project 7.5, they've continued to work together on Touhou Hisouten ~ Scarlet Weather Rhapsody (Touhou Project 10.5, released in 2008), Touhou Hisoutensoku ~ Chase the Enigma of the Gargantuan Guignol (Touhou Project 12.3, released in 2009), and Touhou Shinkirou ~ Hopeless Masquerade (Touhou Project 13.5, released in 2013), they are a circle with a deep connection to Team Shanghai Alice. Furthermore, we mustn't forget that due to their technological prowess, they also worked with 07th Expansion to release the fighting game Higurashi Daybreak in 2006, based on the sound novel spawning two anime series Higurashi no Naku Koro ni, as well as having it ported to the Playstation Portable to be sold in 2008 by Alchemist. In addition to their collaborations, they also continue to release their own derivative games, mostly based on the Touhou Project.

――

『東方深秘録』の企画の立ち上がりや制作の経緯について、お話お聞かせいただければと思います。

I would like to hear about how the project for Urban Legend in Limbo came about and how it came into being.

Iruka Unabara ("Una" below from here)

もともと地面の無いような空間で自由に飛び道具を打ち合って戦うようなゲームを、ずっと作りたいと考えていたんです。『サイバーボッツ』(1995年、カプコン)や『アストラスーパースターズ』(1998年、サンソフト/テクモ)のような、ちょっと正統派からは軸のずれた格闘ゲームが大好きで、ただ、これを実際問題自分たちのゲームとして作ろうとすると、オリジナルキャラで作るのはいきなりだと敷居が高いですし、かといって二次制作でばっちり当てはまるタイトルが無いのでは、とも考えていたんです。そうしたときに東方Projectの世界に出会って「ああ、これなら飛び道具を撃つことも、キャラクターが空を飛ぶことも、何もかも全てがきれいに収まる世界観じゃないか」と考えていたんです。ですから、サークルとして最初に制作した『Eternal Fighter Zero』(PCゲームブランド・Keyのキャラクターが登場する同人対戦格闘ゲーム、黄昏フロンティア制作)がひと段落して、「こんなゲームをやらせてもらえないでしょうか」とZUNさんにお話を持ちかけに行ったのですが、それが『東方萃夢想』の発端です。

For a long time, I had wanted to make a game with no ground and battles were fought freely in the air with projectiles. I loved the fighting games like Cyberbots (1995, Capcom) and Astra Super Stars (1998, Sunsoft/Tecmo) that strayed a bit from the trajectory of traditional fighters. However, when it comes to making our own game, designing our own characters would set the bar too high for us, so I thought to see if there is a suitable title we can make a derivative work off from. Then I encountered the world of Touhou Project, I thought "Ah, a world where characters throw projectiles and fly through the air, this fits perfectly". From there, we wrapped up the first game we made as a circle, Eternal Fighter Zero (Doujin fighting game with characters from PC game brand Key, by Tasogare Frontier), and went to ZUN-san to ask him "will you let us make a game like this?". That was the birth of Immaterial and Missing Power.

――

でも『萃夢想』はいわゆる普通のタイプの格闘ゲームですよね?

But IaMP is more of a normal fighting game, isn't it?

Una

やはり一度の作品で自分のやりたいことを全部詰め込もうとすると、あまりにも敷居が高くなるんです。だからまずは「普通の格闘ゲームを土台に、飛び道具をガンガン撃ち合っていく世界観を取り入れていく」というところからゲームを組み立てて行きました。それを初期の3作品『萃夢想』『緋想天』『非想天則』を通してひと段落したところで、次にいよいよ地面を取り払った空中戦主体の対戦ゲームを作ろうということで、大きくシステムを切り替えたのが『心綺楼』でした。実際に制作してみて、そしてリリースされたものを遊んでいただいた感想や不満などを噛み砕いて取り入れたのが、今回の『深秘録』なんです。

Putting everything we wanted to do in the first game still sets the bar too high. So we first set the stage on a normal fighting game and familiarize the players with a world where people throw barrages of projectiles at each other. Then, after the first 3 games, Immaterial and Missing Power, Scarlet Weather Rhapsody, and Touhou Hisoutensoku, we can close that chapter and move on to a greatly revamped fighting game which took the ground away and focused on aerial battles. That was Hopeless Masquerade. We made that, released it, and after taking the reviews and complaints to our hearts, we came up with Urban Legend in Limbo. .

――

なるほど。では今のようなシステムの構想や希望はサークル立ち上げのころからあったんですね。

I see. So the ideas and hopes for the mechanics you have now were already there since you started your circle.

Una

ですね。大まかな姿は『萃夢想』制作時から考えていた内容です。ようやくゲームとして形に出来ました。

Yes, what we have now is generally from what I thought up when making IaMP. It finally took shape as a game.

――

ほぼ10年越しに目標にたどりついた、ということですね。

You reached your goal after roughly 10 years.

Una

10年前は、単純に自分がゲームを作る技術が足りていませんでしたから、同人サークルとしてぽっと出の時期でしたしね。

10 years ago we weren't skilled enough making games, we just started out as a doujin circle back then.

――

いやいや、黄昏フロンティアさんの第1作目が『EFZ』って話はなかなか信じてもらえないと思いますよ。しかし、初期のコラボ3作品を作っていた期間も、それなりに長かったですよね?

Well, no, you would have a hard time convincing people that EFZ was actually Tasogare Frontier's first game. But those first 3 games also took a long time, didn't they?

Una

そうですね。一つゲームのシステムを作ると、一人で遊ぶようなものならともかく、人間同士で遊ぶものはどんどんユーザー側での情報交換や習熟が進んで、生き物のように変化していきますから、遊ばれるゲームとして熟成するのにも時間がかかるんですよね。その間はこちらもちゃんとシステムにつきあっていきたいと考えていて、それもあって続編的なスタイルを取っているんです。

That's right. When developing a game, it's one thing if it's a single player game, but a multiplayer game can change like a living creature as the players learn and exchange information, so it takes time for the game to mature. Meanwhile, we also hone the game to match that process, and develop it like a sequel.

――

そして満を持してシステムを一新した『心綺楼』が制作されたわけですが、その際に開発を通して出てきたことや、遊んだ側からの意見をフィードバックしてより一層磨きをかけたのが『深秘録』というわけなんですね。

So that's how the long-awaited Hopeless Masquerade with a renewed gameplay mechanic came about, and through releasing that and taking in the feedback from players you've made the even more polished Urban Legend in Limbo.

Una

まず『心綺楼』を作る際には、やりたいことをとりあえず全部入れてみて、突き詰めてみる。そして今度は先に進んだ地点から、これまで作っていた「地に足について戦うタイプのゲーム」の経験から照らし合わせてみて、改めてゲームとしての理想の到達地点を確認して方向修正していくことで出来ています。

When we made HM, we just threw in everything we wanted to do and see what happens. And from there, we referred to our experience with the games we made with feet on the ground, and made sure we're heading in the direction of what we wanted the game to achieve.

――

今のお話はシステムの組み立てについての経緯だと思うのですが、企画としては?

So we talked about how the gameplay mechanics came to be, what about the collaboration?

Una

まず単純に、「こういう新作ゲームを作りたいんですけれど」とZUNさんに話をするんです。次にはゲーム全体のキーワードを決めるんですね。例えば『心綺楼』であれば、「人気」「宗教」というキーワードが出てきて、ZUNさんからはゲームの世界観やシステムを提示していただくのですが、システムの内容自体はこちら側に判断を一任していただいています。『心綺楼』がひと段落して、そろそろ次のタイトルが作りたくなった時期にZUNさんにその旨を相談しまして、じゃあキーワードを何にしようかと話をしているうちに出てきたのが「都市伝説」と「オカルト」の二つだったんです。

First, it's simply telling ZUN-san what we wanted to make in the new game. Then we decide on the keyword that represents the whole game. For example, HM had "popularity" and "religion". ZUN-san comes up with the game's theme and the general mechanics, but he leaves everything about the details of the game mechanics to us. When we felt like making the next game after HM, we discussed what it would be about with ZUN-san. During that, the words "urban legends" and "occult" came up.

――

ではシステムにいかにキーワードを組み込んでいくか、というところから開発が始まっていく? そういえば「格闘ゲームは戦わないとゲームにならないんです。だから戦うことでオカルトボールが移動するということにしました」という話をZUNさんからはうかがったことがあります。「普通の格ゲーは大会が開かれたらだいたいのことは大丈夫だからいいよね」とも(笑)。

Then from there you started with tying the keywords with the gameplay mechanics? Speaking of which, ZUN-san said "A fighting game without something to fight for isn't a game. So we made the occult balls move around ." He also said "normal fighting games are nice since they only need to deal with the general stuff as long as they can be played in tournaments." (laugh)

Una

あはは(笑)。あとは、そのキーワードにあったキャラクターの選定などですね。キャラクター同士の関連性やストーリーは全部ZUNさんが取り仕切ってくれるので、自分たちはゲーム自体を面白くするように集中する、そういう分担になっています。ストーリーの公開順序も今回はZUNさんに全て決めていただいて、一連の読み物としても楽しめるような設計になっています。

Ahaha (laugh). After that, we pick the characters corresponding to those keywords. ZUN-san writes the relation between the characters and the story, and our team focuses on making the game interesting, that's how we split it. This time, ZUN-san decided on the order of how the story is released, it's designed so that it can be enjoyed as a series of reading material as well.

――

これまでは、そこまで厳密に決められていたわけではなかったのですか? 『緋想天』はキャラクターごとにかなり複雑な時系列でストーリーが進んでいた気がしますが。

Was it not so strictly decided before this? I felt that SWR's character stories proceeded in a rather complicated timeline.

Una

キャラクターが多くなりすぎると、どうしてもお話の本筋に関わるキャラとそうでないキャラが出てくるじゃないですか。でも、本筋とは関係が薄いキャラクターも、主人公たちとは別の目線で異変を眺めて解釈している、という形で組み立てていただいています。ZUNさんとの打ち合わせの過程でも、ストーリーがあるキャラクターは絞った方がいいのではないかという提案を、こちらからはさせていただいているんです。でもZUNさんからは全員お話を持たせて出しましょうと言われまして。

That's because we had too many characters. We had characters that were heavily involved with the main story and those who weren't. But even the characters who weren't involved with the main story provide a different perspective to the incident. That's how we made it. While we were discussing with ZUN-san, we also brought up that it might be better to just have characters who are involved with the story, but ZUN-san said let's make a story for everyone.

――

今回楽曲は様々な音楽サークルの方々に依頼されているようですが。

You have commissioned various circles for the music this time.

Una

そもそもサークルの制作スタンスとして、パーツに関しては各々が担当して、自由に取り仕切るというスタイルなんです。うちの曲やBGM演出については、あきやまうにさんが担当しているんですが、ゲーム自体が完成してきたら、もしくは制作過程で曲をすり合わせたり調整したりして、実際に誰がどんな曲を作るかの判断はお任せしています。

The stance we take as a circle is that we're responsible for our own parts and we're free to do whatever want for those. Even though Akiyama Uni is the one responsible for the music, we let him decide who to make which tracks as long as the game gets finished and he puts together the tracks and makes adjustments to them.

――

メインのキャラクタービジュアルを担当されているのは春河もえさんですが、これはどういう流れで?

Moe Harukawa-san is responsible for the main character portraits, how did this come to be?

Una

今回、いつもイラストを担当しているalphesさんが動けないことがきっかけでした。どなたにお願いしようか悩んだのですが、サークル内での打ち合わせでは、イラストを変えるからにはプレイヤーの皆さんに納得していただける人にしなければということになりまして、そこで公式作品を執筆中の一人である春河さんに相談させていただいたところ、快諾してもらえまして実現した流れですね。今回は本当に、いろいろ助けていただきました。

It's because our usual illustrator alphes-san couldn't do it this time. We worried about who to ask, since we decided within the circle that if we had to change the art then it had to be someone who would be accepted by the fanbase. So we discussed with one of the artists of the official works, Harukawa-san, who gave us her ready consent. She really helped us out this time.

――

キャラクター同士の会話部分も、かなり春河さんに合わせてか、漫画的でありながら派手なものになっていて見応えがありました。見得を切るような感じと言いますか。

The character dialogue combined with Harukawa-san's art presented like a manga was quite impressive. I'd say it felt convincing.

Una

ゲーム内の大技を出す際のカットイン演出周りについては『心綺楼』からブラッシュアップしていった結果ですが、会話部分については、うにさんのアイディアですね。春河さんのイラストはカラーももちろん素敵なのですが、モノクロ絵が持っている雰囲気というか持ち味がとても良くて、これならキャラのカットインが入る場面では漫画のようにモノクロタッチになって切り替わったら演出として決まるんじゃないかと。彼の思惑がハマりましたね。

Having the character's art when using the ultimate skill is a brush-up from Hopeless Masquerade, but for the character conversations, that was U2-san's idea. Even though Harukawa-san's coloured illustrations are wonderful, her black-and-white art has a special atmosphere to it, or should it say, very characteristic. He was obsessed about having her art represented in black and white like if it was in a manga, so we went with it.

――

『深秘録』制作時ならではの苦労や、手応えなどはいかがでしょう?

How hard was it to make Urban Legend in Limbo?

Una

ブラッシュアップと言いつつも、ほぼ一から作り直している内容なので、当初の想定よりも制作に時間がかかってしまいました。そのあたりは見積もりが甘かったですね。その分、リリースした際にはシステム的にバランス調整が甘い結果になってしまい……その部分については責任を持って引き続き対応していきます。このインタビューが出るころには、既にいろいろと手の入った大幅なアップデートが予定されていますので、楽しみにしていただければと思います。

Even though I said it was a brush-up, we did almost everything from scratch, so it took more time than expected. We underestimated the time costs. Because of that, the balancing was unpolished when it first came out...we will continue to work on that as it is our responsibility. When this interview is out, I expect a big update to be released by then, so please look forward to it.

――

共同制作ではなく、単に二次創作で作品を制作するのと、共同制作として制作する事の大変さの違いって何だと思いますか?

Do you think there is a big difference between making a simple derivative game and a collaboration?

Una

共同制作では公式作品として出すことになるので、キャラクターの演技などはZUNさんが一通り取り仕切ってくれますので、東方Projectの世界観の中で違和感が出ないような範囲で、なるべく無茶をするようにキャラクターの動きで遊んだりしています。あとは表情なりは過去の作品などから拾えるものがあればイメージを丁寧に集めたりしなければならないと考えていますし。関わらない場合は、「このキャラでこれをやったら面白い」というスタート地点から出発する事がほとんどですし、「面白そうなシステムでゲームを作りたい、それなら東方ならあの立ち位置に居るキャラを持ってきたら、知ってる人がニヤリとしてくれるよね」といったように、本当に遊んで、楽しんで作れますよね。公式で作る際は真剣にというかシリアスに、気を遣って。そうじゃない時は肩の力を抜いて遊ぶ、それが大きな違いですね。

Collaborations are released as official works, so ZUN-san takes care of the things the characters do, so they act recklessly but still within the bounds of the Touhou world so they don't feel strange. And their expressions had to be based on the ones they had made in the past or those that fit with their image. When we're working on our own, we almost always start with "if this character does this then it'd be interesting". We'd be like "I want to make a game with an interesting mechanic, and if it's Touhou, we give those mechanics to the appropriate character, and people who know would smile", and we'd play around and have fun making it. When we're making it official we have to be serious and careful. When we're not, a weight is lifted off our shoulders, that's the big difference.

――

まあその両方をやってるサークルさんはないですからね。

Well, no [other] circle does both.

Una

交互にやっているからこそ見えてくるものもあると思いたいですね。「こういった内容のゲームでこのキャラクターを出す、こんなキャラの一面が演出できるな」なんて考えたりする一方で、共同制作の場合は資料をいただいて新しい発見をすることもありますから。キャラの新しい面を、今度は自分たちだけで作るゲームに反映したりもしますし。

It's because we make them alternately that we can see certain things, I think. We can have the thinking "if we make a game with this kind of content, then we can show this side of the character", and when we work collaboratively we make new findings from the resources sent to us. Then on our next game that we make by ourselves, we can reflect this new side of the character.

――

『深秘録』では、「えっ、そのキャラを出すんですか?」というボスでしたからね(笑)。

Since in ULiL the boss character made people go "hey, is it alright to have this character out?" (laugh)

Una

自分たちも最初企画が上がってきたときはびっくりしましたね(笑)。「いいんですか?」って。

When we first got the proposal we were surprised too (laugh). "Is this okay?" we asked.

――

しばらくは「秘封倶楽部」シリーズのCDも出てませんでしたからね。

We didn't even have a new CD for the Secret Sealing Club series for quite some time now.

Una

存在として東方Projectと明確に地続きである、ということが語られる機会はこれまでほぼ無かったですからね。とはいえまだ「キャラクターが出てきただけ」で、厳密には違うんじゃないか、接触していないんじゃないかと、私自身は疑いを捨てていませんので(笑)。

It has some clear connections with Touhou, but there really wasn't a chance to talk about them until now. That said, we only have the character out, and strictly speaking, they're not the exactly same, so maybe there's no connection after all? I couldn't settle my suspicions myself. (laugh)

――

あはは(笑)。

Ahaha (laugh).

Una

こんな立場で制作していますから、本当は表に出ていない情報をいろいろと知っているんじゃないか? と言われることが多いんですが、ゲームをプレイして知りえる情報以上のものは、自分たちも一切知らされていないですから(笑)。新作の『紺珠伝』が発表されたときに、オカルトボールの話が絡んでいるなんて一切知りませんでしたからね。ZUNさんのブログで初めて知りましたから。自分たちが作っている作品は次回作への布石だったんですかー!? って。だから、自分たちが気づかないうちに、いろいろな布石が共同制作のゲームに仕込まれていて、いつもびっくりさせられます。知っていたらもっと別の演出が出来たのに、ということはあるんですが、もうそのびっくりすらも楽しみにしています。

Though many people have asked us "since you're on the maker's side, you should know some info that's not out in the open yet, right?", we don't know anything other than the things we know from playing the games (laugh). When the new game Legacy of Lunatic Kingdom came out, we had no idea it was connected with the occult ball story. We first knew from ZUN's blog. We went, "the game we made was actually a stepping stone for the next game!?" So, without us knowing it, we collaborated on a game with various stones set in place, it surprises us. If we knew, we could have represented it differently, but we also like this feeling of surprise.

――

原作のシューティングゲームと、黄昏さんと共同開発のアクションゲームで共通したスペルカードが登場しますよね。

There are spell cards that are common to the original shooting games and the fighting games collaborations with you, Tasogare-san.

Una

ボスのスペルカードに関しては、自分たちが動きを作ってZUNさんがそれに命名する、という形を取っているんですね。ゲームの『東方文花帖』のように、多くのキャラクターが登場する場合などで、特に格闘ゲームの方が初出となっているスペルカードを弾幕に落とし込んだものが登場して、あれをこういう解釈をするのかと驚きながらも、見るとやはり嬉しさは格別ですね。

For the bosses' spell cards, we make the moves and ZUN-san gives the names. In the Touhou Bunkachou games [Shoot the Bullet and Double Spoiler], where many characters make their appearances, to have spell cards that debuted in fighting games shown as danmaku really surprises us in how it's interpreted, and the happiness from seeing it sure is something else.

――

お互い刺激し合ってるんでしょうね。

You stimulate each other.

Una

だといいんですけれどね。こちらが受けっぱなしにならないように、少しでも刺激しているなら関わらせていただいている恩を返せていると思うのですが。

It's nice if that's true. If I can stimulate him just a little by not being a passive listener, then I consider it as repayment for his favour of associating with us.

――

ZUNさんはゲーム制作自体は個人でやってしまいますが、ゲーム制作者としての仲間は大事に思ってる方だと思いますよ。

I think that even though ZUN-san develops games by himself, he's quite fond of fellow game developer friends.

Una

なんだかんだでゲーム制作の話になるとノリノリですしね。一緒にお話ししていると、お酒の話はもちろん、これからのゲーム制作の話なども非常に盛り上がりますし、独自のビジョンを持たれている印象です。今回のPlayStationプラットフォームでのファンゲームの発売が実現したのも、そのあたりの表れなんでしょう。

All in all, we have fun when talking about game development. When we talk to each other, he gets really excited about beer, of course, and also about making future games. He is a man with his own vision. Getting fan games sold on the PlayStation platform this time is one facet of that.

――

黄昏フロンティアさんとしては、Play,Doujin!への参加のご予定は?

Does Tasogare-san have any plans to participate in "Play, Doujin!" ?

Una

今のところはまだ未定ですね。

Nothing settled for now.

――

そうなんですね。では、今後のサークルとしての目標は?

I see. What plans do you have as a circle from now on?

Una

との時々の作品に全力投球と言えば聞こえはいいですが、いい意味でも悪い意味でも同人集団だなあと思いますから……。ある意味、『深秘録』で自分がやりたいと思っていた格闘ゲームの製作がひと段落しましたので、次にやることとしては、次の理想を探すことですかね。まさに10年越しのプランがかなってしまったので、ひとつ満足はしています。

I want to say that we'll do our best for whatever we'll be making, but for better or for worse, we are a doujin organization.... In some sense, ULiL closes a chapter for us because we made a fighting game that we had wanted to make, so what we'll be doing next is looking for our next ideal. To think that we had one plan fulfilled after 10 years, we are satisfied.

――

では、また次の10年走れるような理想を見つけた?

Then have you found the ideal you can chase after for the next 10 years?

Una

ですね。新しい燃料を補給して、刺激を受けたいと思います。

Well, we want to refuel and get stimulated.

――

これから同人活動を始めようとしている方に海原さんからアドバイスするとしたら?

What advice can you give to people who are starting to participate in doujin activities, Unabara-san?

Una

やりたいと思ったら、まずは自分が出来ることをやってみる。まず形にすること、そしてそれを見てもらうことですね。「やりたい」とだけ思っていて、それがこじれてしまうと理想だけが高くなって身動きが取れなくなってしまいますし、そのうちやりたいという気持ちも萎えちゃいますから。理想に対して自分を見つめて、現実的にできることを積み重ねていけば、理想に近づくんです。あとは時間に追われる感覚を覚えることですかね。

If you want to do it, then first try making something you can do. Make it have form, and then look at it. If you just "want to do it" and get stuck developing the idea, the ideal will become too lofty and you won't be able to make it, and you'll end up having your urge to make something depleted. Look not at your ideal but in yourself, build up the things that you can do realistically, and you'll come closer to your ideal. Other than that, just remember the feeling of time catching up to you.

――

逃げられない締め切りを設定するような?

Like having a deadline you can't escape from?

Una

コミケに申し込んだりとかですん。あとは時間を区切ったり、一区切りつけることを意識して、その時間の中で出来ることは何かという取捨選択をする、そのことに慣れていくと、今できることと今やらなければいけないことを選びとれますから。そうすることでモノを形にするスキルそのものが上がっていきますから。実際出来上がったものに対しては、評価も批判も飛んできます。でも、それだからこそ次へのステップに繋がっていくんですよ。

Like applying to Comiket and the such. Then divide the time, be aware of the time you've set for yourself, and filter out what you can do within that time. Once you get used to doing that, then you can choose what you can do and what you must do for that time. By doing that, you'll improve your skill in giving things form. Once you have something done, there will be reviews and critics. But those will be connected to step you take next.

――

ディレクターを続けるということは、決断を続けるということでもあるわけですね。

Being a director is about continually making decisions, huh.

Una

やりたいことがあるからこそ荷物を切って落としていく、という歴史でもありますからね。

There were times we had to cut a few baggage loose because we had things we want to do.

――

これから黄昏フロンティアのゲームを遊ぶ方へメッセージをお願いいたします。

Any messages to the players of Tasogare-san's games?

Una

こういうのドキドキしちゃいますね。東方Projectが好きな人にとって、シューティングゲームから入ってきた人はもちろん、音楽や動画、イラストなどいろいろなものから入ってきた方がいると思います。その中でキャラが実際動いているアクションの部分が気に入ってもらえるように、特に頑張って作っていますので、まずは一人プレイでZUNさんの読み物とともに楽しんでいただきつつ、対戦コミュニケーションツールとして楽しんでいただければと思います。今度はそのあたりもさらに強化できるよう頑張ってまいりますので、是非ともよろしくお願いいたします。

I get nervous at these. People who like the Touhou Project range from those who started by playing the games, of course, and those who came from the music, anime, art, and the various things. We work especially hard making the characters move so that they'd be liked by these people, so please enjoy the game whether as a single player game with ZUN's story or as a multiplayer fighting communication tool. We will be improving on that aspect as well, so please look forward to it, thank you.