Strange Creators of Outer World/Who's Who of Humans & Youkai in Gensokyo/Byakuren Hijiri

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
幻想郷人妖名鑑
(ひじり) (びゃく) (れん)
Who's Who of Humans & Youkai in Gensokyo
Byakuren Hijiri
種族
魔法使い
Species
活動範囲
命蓮寺ほか
Place of Activity
主な能力
魔法を使う程度の能力
(身体能力を上げる
魔法を得意とする)
Main Abilities
活動
弱い妖怪の手助け
Activities
白蓮は元人間の魔法使いだ。「東方星蓮船」ラスボスとして初登場し、以降は幻想郷初の寺院・命蓮寺の主として存在感を放っている。
もともとは妖怪の味方をし過ぎたことで人間たちによって魔界に封印されていた白蓮だが、間欠泉が湧いた際に(※「地霊殿」の異変)白蓮の封印を解くカギである飛倉の欠片が地上に飛び出し、かつて白蓮に音を受けた妖怪たちはそれを知って白蓮復活のために奔走したのが「星蓮船」で起こった異変の本質だ。また「風神録」から「心綺楼」までの異変は、発生した原因が芋づる式につながっているので守矢の影響力の大きさを再確認できる。
4人目の魔法使い
魔理沙、パチュリー、アリスに続く4人目の魔法使いだが、他の3人と異なり自らの身体強化用の魔法を得意としている。白蓮は修業で法術……というよりは妖術や魔術を会得して(人間をやめて)魔法使いになった存在で、不老不死への興味を持つ魔理沙の先輩とも言える。
死への恐怖から法術を修めた白蓮は、自らの術を維持するために表では人間のために妖怪を退治し、裏では力のない妖怪を助けていた。単に自分のためだけに妖怪を助けていた白蓮だが、やがて弱き者たちへの思いは本物になっていき、多くの妖怪たちに慕われることになったのだ。


Comment from ZUN Comment from ZUN
東方で初のお坊さんキャラです。全くお坊さんらしくないキャラを出そうと思って。見た目はお経以外まったくお坊さんらしくないけど、中身はちゃんとお坊さんしてます。まあお坊さんが魔法使いになっちゃダメだよね。仏教の中でも密教のイメージが強い、仙人に近い感じを意識しています。魔法を唱えるんじゃなくて読経して強くなる、という謎の設定を考えてました。だから効果は物理系。仏教だけに「ブツ」理。