Strange Creators of Outer World/Who's Who of Humans & Youkai in Gensokyo/Kanako Yasaka

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
幻想郷人妖名鑑
() (さか) () () ()
Who's Who of Humans & Youkai in Gensokyo
Kanako Yasaka
種族
神霊
Species
Divine Spirit
活動範囲
妖怪の山
人間の里
間欠泉センター
Places of Activity
主な能力
乾を創造する程度の能力
Special Abilities
Ability to Manipulate
活動
神徳の授与
Activities
代表的なスペルカード
神祭「エクスパンデッド・オンバシラ」

外観
しめ縄
Activities
山の神様
八坂神奈子は神様である。「東方風神録」ステージ6のボスとして初登場し、幻想郷の信仰を巡って霊夢と戦った。懲らしめられはしたものの、山における妖怪たちからの信仰は確たるものを築き上げており、その影響力は日に日に増しているといえる。
東方Projectに登場する神様は、厳かさと親しみやすさを兼ね備えた人格を保持しているケースが多く、登場順的に言えば、神奈子と諏訪子はまさにそのさきがけと言える。
幻想郷へ
幻想郷の歴史という点からみれば、神奈子は幻想郷では新参者である。経緯としては、最近になって(※神様的には10年前も昨日も同じだろう)外の世界から幻想郷にやってきたからだ。神様である彼女は、外の世界で発達する科学と反比例するように薄れゆく彼女への信仰心に見切りをつけ、住処である神社や湖ごと幻想郷へ移住してきた。巫女である早苗、もうひとりの祭神にして彼女の古き盟友である諏訪子とともに。
信仰を得るには、人間からでなくても良いので最初のうちは山の妖怪たちからの信仰がメインだった。だが、それでは信仰と引き換えにもたらされる神徳……ご利益的なものが山の妖怪にばかりもたらされ、幻想郷のバランスを崩しかねない。そこで、最初から幻想郷に存在していた先輩神社であるところの、博麗神社に目をつけた。おそらくだが、神奈子は最初から博麗神社に集まる信仰を根こそぎ奪うという考えは無かった。だが、博麗の巫女と関係を持つことで存在感を示しつつ、退治されることで集まりすぎた信仰を適度に分散させることで、幻想郷のバランスを保つことが視野にあったと思われる。
結果的に見ればまさにその通りで、今ではその智謀を存分に巡らせることで、幻想郷の中で確固たる地位を築いているようだ。
さまざまな策謀
「風神録」以降、神奈子はゲーム作品中に表立って登場することは多くはないものの、さまざまな部分でその影響力が発揮されている。
・間欠泉センター
神奈子は妖怪の山のふもとにある温泉地帯を管理している。間欠泉は地の底で地獄とつながっているため、温水とともに怨霊が湧き出るという非常に危険な場所となっているが、神霊である神奈子には影響がないらしい。この近辺を巡って、いくつかの異変が起こったり起こらなかったりしたが、それはまた別の機会に。
・早苗の妖怪退治
早苗に妖怪退治をするよう諭したのは神奈子である。座して待つだけでなく、信仰を集めるための方針の一つがこれだ。守矢神社の巫女である早苗が妖怪退治シーンで活躍すれば、おのずと信仰が彼女に集まってくるというもの。さらにこの策が一石二鳥なのは、早苗が幻想郷にいっそう馴染むことにも一役買っている。これぞできる上司といった策ではないだろうか。おかげでか本人の資質か、今ではかなりノリノリ(死語)で妖怪退治に参加する早苗の姿を拝むことができる。
・索道(ロープウェイ)
守矢神社が妖怪以外……つまり人間から信仰を集めるための、一番のハードルが「里からの距離」であり「間に横たわる妖怪の山」だった。この問題を解決するため、早くから山の妖怪たちと交渉し、妖怪たちは人間から恐れを得て、守矢神社には信仰が得られるよう絶妙な仕組みを整えた。単に態度と霊力が大きいだけではなく、交渉術にも長けていることがうかがえる。
このように、少し挙げただけでも神奈子が幻想郷に来てからの実績はかなりのもの。今後も目が離せない注目の神様であることには変わりないだろう。
Comment from ZUN Comment from ZUN
元ネタがある非常にわかりやすいキャラです。いかにも神様で、威厳があって、強そう。最初にこの神様を出そうと思った時に、とにかく御柱を攻撃で使いたい、あれをぶん投げたくて仕方なくてね。もうちょっとガッツリ極太な御柱でもよかったかもしれないけど。ネタが面白かったのでやってみたさ優先、みたいなところはあります。新しい登場人物だけど、力はある。すごく自信に満ちていて。とにかくポイントは御柱です。大事なことなのでもう一度。 A character whose inspiration is unusually easy to follow. A true god, with dignity and strength. When I first thought about using this god, I wanted her to somehow use onbashira in her attacks, and then I couldn't help but want her to just toss them around. Maybe I should've made them a little thicker. But it was funny, so I had to make it right away, that sort of thing. She's a new character, but she's strong. And brimming with confidence. But the point is just the onbashira. It's important, so I'm repeating it.