Unconnected Marketeers/Story/Prologue

From Touhou Wiki
Jump to navigation Jump to search
 Story
Extra Story 
 Reimu's Scenario
 Marisa's Scenario
 Sakuya's Scenario
 Sanae's Scenario
>

Translation[edit]

 〇2.ストーリー 2. Story
 ――博麗神社にて。 ---At the Hakurei Shrine.
 「霊夢、これ見ろよ!何だと思う?」

 「これは、バカの絵が描いてあるカードに見えるけど・・・・・・?」

 「持って見ろよ」
"Reimu, take a look! What do you think this is?"

"This looks like a card with a drawing of that idiot on it......?"

"Try holding it."
 霧雨魔理沙はチルノが描かれたカードを、博麗霊夢に手渡した。 Marisa Kirisame handed Reimu Hakurei a card with a drawing of Cirno.
 「冷た!何これ、冷やしていたの?」

 「違うよ、カードが勝手に冷えたんだ。
  このカードにはこいつの魔力が込められているんだよ!」

 「噂は本当だったのかな」
"This is cold! Were you cooling it or something?"

"Nah, that's the card's own doing.
This card has Cirno's magical powers contained within!"

"Then the rumors might have been true."
 噂とは、アビリティカードと呼ばれる不思議なカードが流通している

という物だった。
 そのアビリティカードには様々な人間、妖怪の魔力が封じ込められて
いるのだという。

 そして、既にあちこちにカードの売人が潜んでいるらしい。
The rumor went that mysterious cards called Ability Cards were circulating about,

and that these cards contained the magical powers of various humans and youkai.

And, it was said that dealers of these cards were already lurking all over.
 「ここにこのカードがあるって事は、噂は本当なんだよ」
 「そうね、これは・・・・・・異変なのよね?」
"The fact that these cards are in our hands must mean the rumors are true."
"Yeah. I suppose this is an incident... right?"
 カードの目的も制作方法も判らないまま、彼女は調査に出かけた。
 まずはカードの売人を探すしかないだろう。
Not knowing the purpose or make of these cards, she went to investigate.
She'd first need to find a card dealer.